ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法

  • 10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法

10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法

  • ISBN
    978-4-416-51938-7
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • HSP/HSCの臨床医が教える、今すぐ試してほしい心のセルフケア。
目次
知識編―なぜ君は生きづらさを感じてしまうのか(ストレスの正体を知ろう
思春期の脳と身体と心
5人に1人いる「超敏感気質(HSP)」を知っている?
人間関係で傷つきやすい君に)
チャレンジ編―どうすれば気持ちを変え、行動を変えられるか(傷ついた心との向き合い方
言葉を変えると、心も変わる
自分をラクにする技術
自分を好きになろう!)
おわりに―生きづらさは変えられる!
10代のための困ったときの相談先

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 中学生 高校生 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

友だち関係、勉強、家族、容姿……ストレスは多いけれど、大丈夫! 君は変われる!

□ 心がざわつくこと、つらいことが多くて、イヤな気分に押しつぶされそう
□ 朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になる
□ 笑うことができなくなっちゃった
□ 自分のことをわかってくれる人がいない、ひとりぼっちだと感じている

気がつけば、こんな状態になってしまっていませんか?
でも、大丈夫。
心がパンクしかけていても、自分で自分の心をセルフケアできるようになると、必ずラクになります。生きやすくなります。
大切なのは、知識、心構え(マインド)、行動(技術)、この3つです。

1)まず、「この状態はどういうものか。治す方法があるのか」といったことを知る。
2)次に「よし、治すぞ」という心構えをもつ。
3)そして、治していくために必要な具体的な技術を知り、行動を起こす。

この3ステップです。
どうすることが自分自身をラクにするのか、心の声を聞いて、一歩踏み出せばいいのです。
行動に移せば、状況は変わります。

この本は、「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者でもある児童精神科医・長沼睦雄先生が、これまでの臨床経験を総動員して書きました。
前半は「知識編」、後半は「技術編」。
この本に書いてあることを、小さなことひとつでもいいから、何か実践してみてください。
きっと状況は変わります。
大人ももちろん、とりわけ、多感な思春期を生きる10代の方にこそ、ぜひ読んでほしい本です。

■目次
知識編 ~なぜ君は生きづらさを感じてしまうのか~ 
1 ストレスの正体を知ろう
2 思春期の脳と身体と心 
3 5人に1人いる「超敏感気質(HSP)」を知っている?
4 人間関係で傷つきやすい君に

チャレンジ編 ~どうすれば気持ちを変え、行動を変えられるか~
5 傷ついた心との向き合い方  
6 言葉を変えると、心も変わる
7 自分をラクにする技術  
8 自分を好きになろう!

****************************************************(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法
  • 10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中