ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三条実美 維新政権の「有徳の為政者」
  • 三条実美 維新政権の「有徳の為政者」

  • 三条実美 維新政権の「有徳の為政者」
  • 三条実美 維新政権の「有徳の為政者」

ポイント倍率

三条実美 維新政権の「有徳の為政者」

  • シリーズ名
    中公新書 2528
  • ページ数
    248p
  • ISBN
    978-4-12-102528-9
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

840 (税込:907

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 三条実美(1837~91)は、過激な攘夷派公家、七卿落ちで知られる。維新後は右大臣・太政大臣として新政府の頂点に立つが、政治手腕に乏しく、無能という評価すらある。だがそのような人物が、なぜ維新後18年間も、大久保利通や伊藤博文ら政治家を従え、難局に対処できたのか。本書は、時代の寵児として脚光を浴びた青年期から、苦難の長州・太宰府時代、新政府内での役割など、その生涯を丹念に追い、実像に迫る。
目次
第1章 公家の名門に生まれて(近世の朝廷と三条家―徳川幕府支配のなかで
世に出るまで―父三条実萬と勤王少年時代
安政の開国問題―朝廷の浮上と焦点化)
第2章 尊攘派公卿としての脚光(文久政局への登場―尊王攘夷運動と土佐藩との連繋
時代の寵児―勅使として江戸へ
過熱する攘夷、八月一八日の政変による失脚)
第3章 長州・太宰府の日々(七卿落ちと長州藩―禁門の変、下関戦争の敗北
太宰府での艱難辛苦
幕末政局と太宰府―薩長盟約、攘夷論の転換)
第4章 明治新政府の太政大臣(維新政権の頂点へ―復古革新の象徴的存在
天皇親政の模索―動から静へ
明治六年の政変―留守政府トップの苦悩
明治八年の政変―島津久光とのたたかい)
第5章 静かな退場―太政官制から内閣制へ(迫られる制度の改変―太政官内閣の変質
現実化する天皇親政
伊藤博文の台頭―内閣制の発足と太政官制の終焉
内大臣へ―立憲政治のための自制)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

三条実美(1837~91)は、過激な攘夷派公家、七卿都落ちで知られ、明治維新後は新政府で右大臣・太政大臣としてトップとなる。だが、征韓論の議論をまとめきれず卒倒。無能な人物とされてきた。しかしそのような人物が、維新後18年もの間、なぜ政権の頂点に居続けられたのか――。本書は、時代の寵児として脚光を浴びた青年期から、空白だった太宰府時代、脇役とされた新政府内での動向など、その生涯を丹念に追い、三条の実像を描く。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中