ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平和研究 第50号

  • 平和研究 第50号

平和研究 第50号

  • 巻の書名
    平和研究と憲法
  • ページ数
    171p
  • ISBN
    978-4-657-18016-2
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 9条があるゆえに、戦後日本において平和問題は憲法問題となった。いま改めて平和研究の視点から憲法を根源的に考察する。
目次
巻頭言(平和研究は憲法をどのようにとらえるか)
依頼論文(核なき世界への道―量子力学と西田哲学が指し示す未来
憲法と核・原子力
平和主義と日本国憲法24条―なぜ、「家族保護」論は、「平和主義」に敵対するのか?
憲法理念からのネイション意識の再構築)
投稿論文(「境界を越える」思想―震災後の知と平和学の役割
フィリピン市民社会勢力の地方政治権力獲得
移行期における立憲主義と正義―南アフリカとネパールのTRC法に対する立憲的正統性の評価の比較)
書評(自衛隊という名の「軍隊」をどうするのか―水島朝穂『平和の憲法政策論』日本評論社、2017年7月
9条平和主義はアジアで何ができて、また、何をしなければならないのか―李京柱『アジアの中の日本国憲法―日韓関係と改憲論』勁草書房、2017年7月)

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 平和研究 第50号
  • 平和研究 第50号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中