ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 名作コピーの時間

  • 名作コピーの時間

ポイント倍率

名作コピーの時間

  • ISBN
    978-4-88335-449-8
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 広告界のレジェンドから新鋭まで124名のプロのコピーライターが選ぶ、珠玉の広告コピー。

    クリエイティブの専門誌、月刊『ブレーン』の連載「名作コピーの時間」を書籍化。
    「想像力と数百円」「触ってごらん、ウールだよ。」「プール冷えてます」…
    プロのコピーライター124人が、自分にとっての「名作」コピーを3本ずつ選びます。

    心に刺さり、今でもお手本になるコピー。
    彼らをして「自分では絶対に書けない」と言わせるコピー。
    プロの目から見た数々の名作コピーを、エピソードとともに振り返ります。

    <以下、「あとがき」より抜粋>
    この本はある意味で「名作コピー集」であるけれど、それだけじゃな
    い意味がある。どんなコピーが、誰をどれだけ震わせたか。それだけで
    もなくて、悩ませたり苦しませたりしたか。羨望はエネルギーになるだ
    ろう。届かないという絶望も。それがなければ、いつか届きたいという
    希望も生まれないし、傍観者で終わるだけだから。そんな想いも、みん
    な率直に吐露している。コピーの「青春白書」みたいな面もある。

    おそらく、と言うまでもなく、この本を手にするのは広告とコピーに
    関心を持つ人々だろう。プロのコピーライターたちが「衝撃を受けた」
    「運命を変えられた」、そこまで言わない人も「教えられた」「手本とす
    る」コピーのアンソロジーになっているので、共同編集のベストコピー
    集としての価値も高い。でも、この本に教科書や参考書の類い以上の面
    白さがあるのは、先に挙げたような意味で、とてもとても人間臭い読み
    物になっているからに違いないと思うのだ。
    ――――――――――コピーライター 一倉宏
目次
私の愛した名作コピー(一倉宏)
名作を自分のものにするプロセス(岡本欣也)
私にとっての、名作コピー(石川英嗣)
いいコピーって、ちょっとバカみたい?(吉岡虎太郎)
私が影響を受けた名作コピー(児島令子)
モノが売れる名コピー。(東秀紀)
人生に侵入してきたコピーたち。(福里真一)
70年代の個性溢れるコピーたち(梅本洋一)
すばらしき広告コピーとともに(福本ゆみ)
「茶器に入る絵」のようなコピー(谷山雅計)〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 名作コピーの時間
  • 名作コピーの時間

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中