ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 公認心理師現任者講習会テキスト 2019年版

  • 公認心理師現任者講習会テキスト 2019年版

公認心理師現任者講習会テキスト 2019年版

  • ISBN
    978-4-7724-1659-7
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2015(平成27)年9月9日成立、9月16日公布、2017(平成29)年9月15日施行の公認心理師法(法附則第2条第2項)に規定された、
    一定条件のもと5年以上の実務経験を有する「現任者」には、文部科学大臣および厚生労働大臣が指定した「現任者講習会」の受講によって国家試験受験資格が承認される。
    指定科目――「公認心理師の職責」「主な分野に関する制度」「主な分野(保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働)に関する課題と事例検討」
    「精神医学を含む医学に関する知識」「心理的アセスメント」「心理支援」「評価・振り返り」――
    受講(計30時間)が定められた「現任者講習会」公認テキストとなる本書では、「現任者講習会」での講義範囲を詳細に解説するとともに、
    国家試験範囲に含まれる「基礎心理学」科目も収録し、受講者の経験・知識を整理することを編集方針としている。
     改訂版となる2019年版では、新たに「本書の読み方・使い方」「公認心理師試験出題基準」「索引」を追加して、
    公認心理師国家試験受験対策としてさらに活用できるよう改訂を施している。
目次
1 公認心理師の職責(公認心理師の役割―公認心理師法からみて
多職種連携および地域連携 ほか)
2 関係行政論(保健医療
福祉 ほか)
3 精神医学を含む医学(心身機能と身体構造および様々な疾病や障害
がん・難病等の心理に関する支援が必要な主な疾病 ほか)
4 心理的アセスメントと支援(心理的アセスメント(公認心理師の実践における心理的アセスメントの意義
心理的アセスメントに関する理論と方法 ほか)
支援(力動論に基づく心理療法
行動論・認知論に基づく心理療法 ほか))
5 基礎心理学(実証的研究法と統計
知覚 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2015(平成27)年9月9日成立、9月16日公布、2017(平成29)年9月15日施行の公認心理師法(法附則第2条第2項)に規定された、一定条件のもと5年以上の実務経験を有する「現任者」には、文部科学大臣および厚生労働大臣が指定した「現任者講習会」の受講によって国家試験受験資格が承認される。指定科目――「公認心理師の職責」「主な分野に関する制度」「主な分野(保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働)に関する課題と事例検討」「精神医学を含む医学に関する知識」「心理的アセスメント」「心理支援」「評価・振り返り」――受講(計30時間)が定められた「現任者講習会」公認テキストとなる本書では、「現任者講習会」での講義範囲を詳細に解説するとともに、国家試験範囲に含まれる「基礎心理学」科目も収録し、受講者の経験・知識を整理することを編集方針としている。
改訂版となる2019年版では、新たに「本書の読み方・使い方」「公認心理師試験出題基準」「索引」を追加して、公認心理師国家試験受験対策としてさらに活用できるよう改訂を施している。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 公認心理師現任者講習会テキスト 2019年版
  • 公認心理師現任者講習会テキスト 2019年版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中