ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • X線光電子分光法

  • X線光電子分光法

X線光電子分光法

  • シリーズ名
    分光法シリーズ 6
  • ISBN
    978-4-06-514047-5
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:6,050

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 測定原理から最先端の測定法、さまざまな物質への応用例など、X線光電子分光法のすべてがわかる。付録も充実。
目次
第1章 固体表面・界面分析の必要性と課題
第2章 X線光電子分光法の基礎
第3章 X線光電子分光法の実際
第4章 X線光電子分光イメージング
第5章 X線光電子分光法の応用
第6章 X線光電子分光法の新たな展開
付録

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

本書はX線光電子分光法(XPS)を使うすべての方にとってバイブル的な1冊です.
第1章では固体表面・界面分析の必要性と課題について述べます.表面に入射するプローブと表面から脱出する検出粒子の組み合わせ,さらにはエネルギー範囲などを含めると数百種類の表面・界面分析手法があります.その長所・短所を理解して適切な分析手法を選択することが重要です。1.4節ではXPSが生み出された歴史的背景と,1960~70年代の黎明期における世界と日本での開発の経緯について述べます.X線管,電子エネルギー分析器,検出器すらも自作し,制御・計測・データ処理のためのコンピュータもなしに挑んだ開発から学ぶことは多いように思います.
第2章では,どのような情報が光電子スペクトルから得られるかを原理に基づいて詳しく述べ,測定の際に考慮すべき問題についても説明します.
第3章ではXPSの実際として,最初に実験装置について概要を説明し,続いて化学組成/化学結合状態の深さ分析,非破壊で埋もれた界面を評価する硬X線光電子分光法,原子配列を決定する光電子回折・ホログラフィー法,表面電子状態を解明するスピン・角度分解光電子分光法について述べます.
第4章では不均一系の顕微観察ができる光電子顕微鏡と三次元ナノXPSについて述べます.
第5章ではXPSの応用として,12種類の材料・現象に分けて測定と解析の実例を紹介します.
第6章では今後の展開が期待される準大気圧光電子分光法と超高速時間分解光電子分光法について述べます.

XPSは現在でも発展途上にあり,ハードウェアの高度化に加え,機械学習などのソフトウェアを組み合わせることで新たな展開が広がろうとしています.本書をこれまでに到達した道標としてだけでなく,今後の展開の指針を得るための座右の書として活用していただければ幸いです.

[目次]
第1章 固体表面・界面分析の必要性と課題
第2章 X線光電子分光法の基礎
第3章 X線光電子分光法の実際
第4章 X線光電子分光イメージング
第5章 X線光電子分光法の応用
第6章 X線光電子分光法の新たな展開
付録A 光イオン化断面積,平均自由行程,内殻準位の結合エネルギー,仕事関数
付録B 光電子スペクトルの解析方法(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • X線光電子分光法
  • X線光電子分光法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中