ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 彷徨える日本史 翻弄される赤穂の浪士たち 改訂版

  • 彷徨える日本史 翻弄される赤穂の浪士たち 改訂版

彷徨える日本史 翻弄される赤穂の浪士たち 改訂版

  • ISBN
    978-4-344-92014-9
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「赤穂事件」に関する書本、評論の類は、1,000本を優に超える。しかし、検証に値する第一級史料は2冊しかない。赤穂話が国民化し、四十七士が「義士」と呼ばれるようになった経緯を探求。細分化された専門分野の中で研究する歴史学者には決して語ることのできない日本史の矛盾を多角的に検証。
目次
第1章 「赤穂事件」とは何だ(刃傷現場、松の廊下説は本当か
「柳の間説」は何故に語り継がれないのか ほか)
第2章 殿中刃傷を語る古文書(刃傷現場を語る古文書、実は解けない謎ばかり
三種類の異名同本の存在 ほか)
第3章 徳川幕藩体制(徳川幕藩体制とはどんなものか
華の元禄時代とはどんな生活か ほか)
第4章 五代将軍 徳川綱吉と儒学思想(生まれながらの将軍ではない将軍
諌言しすぎて暗殺された大老 ほか)
第5章 徳川幕藩体制に及ぼした儒学の影響(日本儒学の醸成
翻弄された赤穂の浪士たち。浅野内匠頭殿中刃傷 ほか)
終章 おわりに

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
版数 改訂版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 彷徨える日本史 翻弄される赤穂の浪士たち 改訂版
  • 彷徨える日本史 翻弄される赤穂の浪士たち 改訂版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中