ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • サンデル教授、中国哲学に出会う

  • サンデル教授、中国哲学に出会う

サンデル教授、中国哲学に出会う

  • ISBN
    978-4-15-209832-0
  • 発売日
    2019年01月

2,700 (税込:2,916

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「他家の羊を盗んだ父親を、正直者の息子は告発すべきか?」自由を重んじる西洋哲学の伝統に照らせば、答えは「イエス」だ。個人の道徳心が、親への忠義に妨げられてはならない。一方、儒教の祖・孔子はこの問いに「ノー」と答える。彼によれば、親は子をかばい、子は親をかばう、これが真の正直さである。一体どちらが正しいのだろう?ハーバード大学の超人気教授にして“ニューズウィーク”中国版が選ぶ「最も影響力のある外国人」、マイケル・サンデル。彼の共同体主義は、孔子、孟子、荘子ら中国古代の賢人たちの教えとどのように響き合うのか?政治、ジェンダー、遺伝子操作など現代の最重要テーマをめぐる気鋭の研究者9人の論考にサンデル教授が応答する、正義論の新展開。
  • ※発売日が変更になりました
    1月24日→1月29日
目次
1 正義、調和、共同体(調和なき共同体?―マイケル・サンデルへの儒教的批評
個人、家族、共同体、さらにその先へ―『これからの「正義」の話をしよう』におけるいくつかのテーマに関する儒教的考察 ほか)
2 市民の徳と道徳教育(市民道徳に関するサンデルの考え方
儒教から見たサンデルの『民主政の不満』)
3 多元主義と完全性―サンデルと道家思想の伝統(ジェンダー、道徳的不一致、自由―中国というコンテクストにおけるサンデルの共通善の政治
満足、真のそぶり、完全さ―サンデルの『完全な人間を目指さなくてもよい理由』と道家思想)
4 人間の概念―サンデルと儒教的伝統(儒教倫理における「人間」を理論化する
道徳的主体なき道徳性についてどう考えるべきか ほか)
5 マイケル・サンデルによる応答(中国哲学から学ぶ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ハーバード大学の超人気教授にして《Newsweek》中国版が選ぶ「最も影響力のある外国人」、マイケル・サンデル。彼の共同体主義は、儒教を始めとする伝統的な中国哲学とどのように共鳴するのか? 気鋭の研究者9名の論考にサンデルが応答する、正義論の新展開(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • サンデル教授、中国哲学に出会う
  • サンデル教授、中国哲学に出会う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中