ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 旅からわかる江戸時代 3

  • 旅からわかる江戸時代 3

旅からわかる江戸時代 3

  • 巻の書名
    特産物はどう運んだ?船と物の旅
  • ページ数
    47p
  • ISBN
    978-4-309-81243-4
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人と物の移動から江戸という時代が手にとるようにわかる3冊セットの第3巻。各地方の特産物と船の航路を、ビジュアルたっぷりに解説(「近刊情報」より)
  • ※発売日が変更になりました
    1月30日→1月28日
目次
陸で運ぶ―江戸時代に荷物はどうやって運んだの?
海・川・湖で運ぶ―船は物流でたくさん使われたの?
海で活躍した弁才船―海ではどんな船で運んだの?
菱垣廻船・樽廻船1―江戸にはどんな弁才船が来たの?
菱垣廻船・樽廻船2―大坂から来た商品は、江戸で人気があったの?
航路のいろいろ―日本海をまわる弁才船もあったの?
北前船1(特徴)―北前船の特徴をもっと教えて!
北前船2(積荷)―北前船のおもな積荷は?
北前船3(蝦夷地の積荷)―蝦夷地の積荷はニシンの肥料だけ?
浮世絵師2代歌川広重が描いた北前船の寄港地
北前船4(乗組員と船主)―どんな人たちが乗っていたの?
弁才船の模型―弁才船は現存しているの?
弁才船の道具―船ではどんな道具が使われたの?
弁才船の衰退―弁才船はいつすがたを消したの?
高灯籠―江戸時代にも灯台はあったの?
海難と安全祈願―海の旅は安全だったの?
江戸周辺の川船1―川船についても知りたいな
江戸周辺の川船2―江戸の物流によく使われていた川は?
江戸周辺の川船3―利根川や江戸川で運ばれたものは?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 30cm
対象年齢 小学56年生 中学生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

3巻は、船と物の旅です。「海ではどんな船で荷を運んだの?」「菱垣廻船と樽廻船のちがいは?」「北前船ってどんな船?」「乗組員の役割は?」「船で使われた道具は?」「江戸時代にも灯台はあったの?」「代表的な川船は?」「陸上の輸送手段は?」…。すべての「?」にお答えします!

ページの先頭へ

閉じる

  • 旅からわかる江戸時代 3
  • 旅からわかる江戸時代 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中