ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 月夜のサラサーテ

  • 月夜のサラサーテ

ポイント倍率

月夜のサラサーテ

  • シリーズ名
    講談社文庫 も28-72 The cream of the notes 7
  • ISBN
    978-4-06-513225-8
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

560 (税込:605

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 森博嗣は理屈っぽいというが本当か。真剣に遊び、超人的に書く人気作家が綴る、日々の小さな出来事。ふとした観察、考察を味わううちに、世界が違って見えてくる。家にやって来た仔犬のこと、若き日の思い出から、「知識」と「教養」の違い、「モーメント」という概念についてまで。好評エッセィ・シリーズ第7弾!
目次
森博嗣は理屈っぽいというが本当か。
かつて僕が一度だけ結婚をして学んだこと。
世間の多数派は感情屋であり、理屈屋は減少傾向?
仲間外れを作るのは、自分がそうなることを恐れている人である。
仲間意識や家族の絆が、苛めや虐待の原因になっている。
「不徳の致すところ」というのは、「私のせい」の意味らしい。
アクション映画の爆発シーンで、主人公はタイミング良くジャンプする。
「自信を持て」と励ますことがあるが、どうしてなのだろう?
「自信を持つな」と励ます方が、ありなのでは?
「地底」と「地下」はどう違う?〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 月夜のサラサーテ
  • 月夜のサラサーテ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中