ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 火山大国日本この国は生き残れるか 必ず起きる富士山大噴火と超巨大噴火

  • 火山大国日本この国は生き残れるか 必ず起きる富士山大噴火と超巨大噴火

火山大国日本この国は生き残れるか 必ず起きる富士山大噴火と超巨大噴火

  • ページ数
    229p
  • ISBN
    978-4-86581-182-7
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界一の火山大国日本には、いつ噴火してもおかしくない「待機火山」が300もある。3・11超巨大地震で日本の地殻は変動、富士山は一触即発状態に。さらに、「巨大カルデラ大噴火」も追っている!いま、何をなすべきかを明らかにする!
  • ※発売日が変更になりました
    1月10日→1月11日
目次
第1章 300もの火山が密集する日本列島(「死火山」「休火山」はもはや死語、増え続ける活火山
近い将来、日本の活火山数が112になる可能性も ほか)
第2章 巨大火山噴火とは何か!?(神話のストーリーと火山との関係
マグマの性質が噴火の多様性を生み出す ほか)
第3章 なぜ、日本には火山が多いのか(太古の地球は「マグマの海」に覆われていた
巨大隕石の衝突が大規模な火山活動を起こした可能性 ほか)
第4章 日本列島の巨大火山災害の恐怖(確認できる最古の噴火は榛名山の噴火
日本史上最大の噴火とされる富士山貞観噴火の結果 ほか)
第5章 火山列島に暮らす危険値(火山噴火の驚くべきエネルギーを表す「噴火マグニチュード」
大規模噴火は数十年に一度起きるというのは本当か? ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

迫りつつある危機にどう備えるか!

「なんか、噴火多いよね、最近。大丈夫なの?」と素朴な不安感を感じる人は多いはず。日本列島は2011年3月11日に1000年に一度とも言われる超巨大地震が発生し、火山噴火の状況が大きく変わり、富士山の大噴火がぐっと近いものに。3・11直後、富士山近くで大きな地震が発生し、極めて危険な地殻変動のデータが計測されたのだ。

日本列島が今の形になったのが300万年前、この時から現在まで、現代の日本人が経験したことのない、超巨大地震「巨大カルデラ大噴火」と大地殻変動が何度もこの列島を襲っている。巨大噴火は地震と違って、予測が可能。世界に例がない300もの火山が密集する火山大国なのに「大変動」知らずの日本人は、「備える」ことに目覚める必要がある!

●巻頭に「日本列島の待機火山分布地図」と「火山災害カレンダー」付き(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 火山大国日本この国は生き残れるか 必ず起きる富士山大噴火と超巨大噴火
  • 火山大国日本この国は生き残れるか 必ず起きる富士山大噴火と超巨大噴火

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中