ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 相続法改正と税理士業務 2019年度税制改正対応

  • 相続法改正と税理士業務 2019年度税制改正対応

相続法改正と税理士業務 2019年度税制改正対応

  • ISBN
    978-4-539-72644-0
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新制度の実務ポイントと明らかになった税務取扱いを最速解説!!どうなる?!創設された配偶者居住権の相続評価。自筆証書遺言の方式緩和と保管制度で実務はこう変わる!今後の遺産分割の方法と実務家の関わり方を解説!
  • ※発売日が変更になりました
    1月24日→2月4日
目次
第1章 配偶者居住権と配偶者短期居住権
第2章 遺産分割等に関する見直し
第3章 遺言制度に関する見直し
第4章 遺留分に関する見直し
第5章 相続の効力等に関する見直し
第6章 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策―特別の寄与

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

新制度の実務ポイントと、明らかになった税務取扱いを最速解説!!
●どうなる? 創設された配偶者居住権の相続評価
●自筆証書遺言の方式緩和と保管制度で実務はこう変わる!
●今後の遺産分割の方法と実務家の関わり方がわかる!

2018年7月、民法(相続法)が約40年ぶりに大幅に改正された。
配偶者居住権の新設、遺産分割、遺言制度、遺留分の見直しなど、
広範囲かつ抜本的な改正が行われた。
この改正により、相続法制のみならず、税制や税実務にも極めて大きな影響が予想されるため、
税理士からも非常に注目されている。
今後、実務家にとって、クライアントからの質問や相談に備え、
改正内容の早急な理解が急務となるだろう。
そこで本書では、相続法改正のポイントと平成31年度税制改正による相続税実務への影響をいちはやく解説する。

【目次】

■第1章■配偶者居住権と配偶者短期居住権
I 配偶者居住権と配偶者短期居住権
II 配偶者居住権
III 配偶者短期居住権

■第2章■遺産分割等に関する見直し
I 婚姻期間が20年以上の夫婦間における居住用不動産の遺贈又は贈与
II 仮払い制度等の創設
III 一部分割
IV 遺産の分割前に遺産に属する財産が処分された場合の遺産の範囲

■第3章■遺言制度に関する見直し
I 自筆証書遺言の方式緩和
II 自筆証書遺言に係る遺言書の保管制度の創設
III 遺贈義務者の引渡義務等
IV 遺言執行者の権限の明確化等

■第4章■遺留分に関する見直し
I 金銭的請求権
II 遺留分を算定するための財産の価額等

■第5章■相続の効力等に関する見直し
□相続の効力等に関する見直し

■第6章■相続人以外の者の貢献を考慮するための方策―特別の寄与―
I 改正の要点
II 改正前の問題点
III 他の制度による救済の可否
IV 改正法と位置づけ
V 実務への影響等(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 相続法改正と税理士業務 2019年度税制改正対応
  • 相続法改正と税理士業務 2019年度税制改正対応

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中