ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ちいさなエリオットたまにはとおくへ

  • ちいさなエリオットたまにはとおくへ

ちいさなエリオットたまにはとおくへ

  • ISBN
    978-4-89637-854-2
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,870

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 田舎に遊びに行ったエリオットとねずみ。かくれんぼの末にみつけたのは、素敵な贈り物でした。「ちいさなエリオット」第4弾。(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 幼児
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

エリオットは水玉模様のちいさなぞう。仲良しのねずみとおおきなまちで暮らしています。でも、このまちはときどき、きたなかったり…うるさかったり…にぎやかすぎたり。そこで、ねずみが言いました。「たまにはとおくへいこうか!」1940年代のニューヨークをモチーフにした写実的な描写とキュートなキャラクターで、数々の賞を受賞したハートウォーミングストーリー。大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第四弾。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

自分の故郷を思い出しました。ぞうさんとねずみくんは街からたまには遠いところに行きたいと自然がたくさんあるところに旅に出る。広い野原や畑でかくれんぼをしたり、りんご取って食べたり。新しい友達ができたり。わたしの故郷は田んぼが一面に広がる平野。住んでいる時は退屈と感じていたまちも離れて暮らすとそんな景色の素晴らしさを実感する。たまには自分の住むまちを離れて遠くへ行ってみるのは良い。また違う世界が広がるかもしれない。(ミントカモミールさん 40代・宮城県 )

ページの先頭へ

閉じる

  • ちいさなエリオットたまにはとおくへ
  • ちいさなエリオットたまにはとおくへ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中