ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 本当は怖い日本の神さま

  • 本当は怖い日本の神さま

本当は怖い日本の神さま

  • シリーズ名
    ベスト新書 595
  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-584-12595-3
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

860 (税込:929

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 太陽神「アマテラス」は機嫌ひとつで干ばつや疫病を起こす!大地の恵をもたらす「イザナミ」は死者の住む黄泉の国の女王!ヤマタノオロチを退治した英雄「スサノオ」こそ秩序の破壊者!「雷神」は日本神話に最初に登場する怪物!ふだんは優しい「神さま」にも恐ろしい裏の顔。
目次
第1章 神話の神さまのもう一つの顔(伊邪那美命―「神々の母」のもう一つの顔は死者の国の女王
素盞嗚尊―「諸悪の元祖」とされる荒ぶる神の代表格 ほか)
第2章 日本史を騒がせた怨霊神(崇徳上皇―「日本の大魔王」になると誓った日本史上最凶の祟り神
菅原道真―「学問の神様」は、もとは災いをもたらす悪神だった ほか)
第3章 神さまになった妖怪たち(天探女―記紀神話の中で唯一呼び捨ての嘘つき魔女
物の怪―多くの物語に登場する妖怪だが、神聖な一面も ほか)
第4章 民話・伝説でおなじみの悪神(河童―病気を流行らせ、子どもを殺す魔性の持ち主
雷神―日本神話に最初に現れる醜く恐ろしい怪物 ほか)
第5章 可愛い動物の霊が祟る(犬神―主人の命じるままに他人に祟りをなす
猫神―なぜ猫を殺すと取り憑かれるのか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

神話の神さまのもう一つの顔、日本史を騒がせた怨霊神、神さまになった妖怪たち、

民話・伝説でおなじみの悪神などをテーマに、エピソードをふんだんに織り交ぜ、

ドラマのある神さまの裏の顔をじっくりと紹介。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 本当は怖い日本の神さま
  • 本当は怖い日本の神さま

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中