ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これでいいのか群馬県

  • これでいいのか群馬県

これでいいのか群馬県

  • シリーズ名
    地域批評シリーズ 31
  • ページ数
    311p
  • ISBN
    978-4-89637-833-7
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

920 (税込:994

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 上州の人たちは短気、熱しやすく冷めやすい、義理堅い、頑固などといわれる。そうした上州人気質は「かかあ天下とからっ風」に代表される風土と歴史が作り上げてきたもので、現在の群馬県民にもしっかりと受け継がれている。だがこの気質、「地域に一体感を持たせる」という点では諸刃の剣となる。群馬県は「保守王国」としてひとつにまとまっている印象があるが、一方で、各地域の主張が強くて一枚岩になりづらい側面もある。さらに地域内で意見の相違や対立があるのもザラ。実際はバラバラ以上にバラバラだから、いびつな地域分けや境界線が県内各所にできてしまっているのだ。前橋と高崎のライバル関係、市町村合併の後遺症、再開発事情、観光問題などなど、エゴとエゴ、意地と意地のぶつかり合いが今日もどこかで繰り広げられている群馬。スリルにあふれてはいるけれど、ホントにこれで大丈夫なの?
目次
第1章 群馬県ってどんなトコ?
第2章 今の群馬はどうやってできた?
第3章 勝った負けたで一喜一憂する群馬県民
第4章 真ん中がポッカリと空いている中毛
第5章 何でもかんでも高崎に吸い取られる西毛
第6章 異文化コミュニケーション溢れる東毛
第7章 問題ばかりで揺れまくる北毛に光はさすのか?
第8章 群馬県はイマイチ感を払拭できるのか?

商品詳細情報

サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • これでいいのか群馬県
  • これでいいのか群馬県

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中