ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 写真を読む夜 プロフェッショナルのテクニックと視点 13人の写真家たちの撮影哲学

  • 写真を読む夜 プロフェッショナルのテクニックと視点 13人の写真家たちの撮影哲学

写真を読む夜 プロフェッショナルのテクニックと視点 13人の写真家たちの撮影哲学

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-416-71831-5
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 蜷川実花、佐内正史、奥山由之、石田真澄ら気鋭の写真家は、何を感じ何を考えて作品を生み出すのか。写真作品100点を解説。
目次
高橋恭司
佐内正史
蜷川実花
奥山由之
川島小鳥
高木こずえ
青山裕企
高橋宗正
中井菜央
小瀬村真美
山本彩香
石田真澄
杉本博司

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「アート」の一領域として今や揺るぎない位置を占める「写真」。
しかもその表現方法は刻々と変化し多様化を遂げ、未だ進化を続けている。

現代の写真界をけん引する蜷川実花、佐内正史、奥山由之、川島小鳥、石田真澄、高橋恭司ら12人が、
作品を生み出す際に考えていること、表現の方法や判断基準など、自身の撮影哲学を対談形式で余さず語る。

選び抜かれた言葉からは写真家個々人の視点が浮き彫りになるとともに、
日本における現代写真の大きな潮流がくっきりとした輪郭をもって立ち上がってくる。

豊富に収録した写真作品(約100点)と細やかな解説により、写真読解の入門書としても最適な一冊。
北村写真機店(蔦屋代官山)で毎月行われている人気トークイベントの書籍化。

特別語り下ろし:杉本博司

■目次
第一夜 高橋恭司
第二夜 佐内正史
第三夜 蜷川実花
第四夜 奥山由之
第五夜 川島小鳥
第六夜 高木こずえ
第七夜 青山裕企
第八夜 高橋宗正
第九夜 中井菜央
第十夜 小瀬村真美
第十一夜 山元彩香
第十二夜 石田真澄
第十三夜(特別語り下ろし) 杉本博司

****************************************************(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 写真を読む夜 プロフェッショナルのテクニックと視点 13人の写真家たちの撮影哲学
  • 写真を読む夜 プロフェッショナルのテクニックと視点 13人の写真家たちの撮影哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中