ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?
  • 東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?

  • 東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?
  • 東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?

東京「近未来」年表 ―オリンピック後の10年で何が起こるのか?

  • 山田順/著 山田 順(やまだ・じゅん)
    1952年、神奈川県横浜市に生まれる。立教大学文学部を卒業後、光文社に入社。
    「光文社ペーパーバックス」を創刊し、編集長を務めた後、2010年からフリー
    ランスになり、国際政治・経済・ビジネスの分野で取材・執筆活動を展開中。
    著書には『出版大崩壊』『資産フライト』(以上、文春新書)、『本当は怖い
    ソーシャルメディア』(小学館新書)、『「中国の夢」は100年たっても実現しない』
    (PHP研究所)、『円安亡国』(文春新書)、『地方創生の罠』(イースト新書)、
    『永久属国論』(さくら舎)、翻訳書に『ロシアン・ゴッドファーザー』(リム出版)
    などがある。

  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-86581-177-3
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • オリンピック後の10年で何が起こるのか?東京五輪後の10年に悲観論で備える!
    気がつけば400万人の移民大国、中国人に見捨てられ「観光立国」終焉、働く女性が報われない女性残酷社会、リニア新幹線は「絶対ペイしない」、キャッシュレスによる監視社会の完成etc.
    悲観論こそ下手な楽観論より未来に備える力がある!

    東京五輪後の恐るべき近未来を予測!

    2020年の東京五輪が開催されるはるか前から、オリンピック後は不況になると言われてきた。
    少子高齢化、人口減少が進み、経済も人間も老いてしまっているなか、反動不況によって一体何が起きるのか?
    中国人に見捨てられ「観光立国」終焉、窮地に陥った政府が個人資産を奪う、気がつけば400万人の移民大国、
    働く女性が報われない女性残酷社会、リニア新幹線は絶対ペイしない、キャッシュレスによる監視社会の完成……。

    本書は、東京五輪後の日本の近未来を楽観論ではなく、“悲観論”から予測する。悲観論は楽観論より未来に備える力があるからである。(「近刊情報」より)
目次
2020年 東京オリンピック「大炎上」
2021年 「五輪後不況」でついに不動産大暴落
2022年 中国人に見捨てられ「観光立国」終焉
2023年 財政破綻秒読み!政府が個人資産を奪う
2024年 気がつけば400万人、ついに移民大国に!
2025年 年金破綻で右も左も貧困老人ばかり
2026年 ヤンキー絶滅、結婚難民、女性残酷社会
2027年 ついに開通もリニア新幹線に乗客なし
2028年 大学は潰れ、卒業しても職なし借金まみれ
2029年 AIに職を奪われ、街に溢れる失業者
2030年 キャッシュレスによる監視社会の完成

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中