ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • BCGが読む 経営の論点2019
  • BCGが読む 経営の論点2019

  • BCGが読む 経営の論点2019
  • BCGが読む 経営の論点2019

BCGが読む 経営の論点2019

  • ボストンコンサルティンググループ/編 ボストン コンサルティング グループ
    米国に本拠を置く戦略系コンサルティングファーム。様々な業界・マーケットにおいて、企業が競争優位を実現し成功するための支援を行っている。1963年米国ボストンで創業。現在、世界50カ国の90以上の都市に拠点を展開している。

  • ページ数
    279p
  • ISBN
    978-4-532-32247-2
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • AI@スケール、デジタルSCM、モビリティの進化……
    デジタル&テクノロジーが変える経営の未来!
    トップコンサルタントはここを見ている!

    戦略コンサルファームとして、世界中に拠点を持つボストン コンサルティング グループ(BCG)。
    そのコンサルタントたちが、日本企業の経営にインパクトを与える論点を選び、
    これから何が起こるのか、どのような備えが必要なのかを提言する。
    (「近刊情報」より)
目次
1 デジタルを経営に活かす(AI―ドーン案件の罠を超えて「AI@スケール」を目指せ
ブロックチェーンでイノベーションを生むアプローチ
デジタル・サプライチェーンマネジメント―リーンなだけでは埋まらないSCM4・0との差 ほか)
2 変わる人・社会と成長領域(アジャイルの可能性と罠―組織のスピード、適応力、生産性向上にどう活用するか
健康・予防領域で「稼ぐ」ために―成長領域なのに黒字化できない本当の理由
「株主価値向上(TSR)」から「社会的価値向上(TSI)」へ)
3 テクノロジーが生む「新しい経済」(モビリティの未来を読み解く4つのシナリオ
物流危機はどうすれば乗り越えられるのか?
変わる決済(ペイメント)―非現金決済を成長分野とするために)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

【編集者より】
ボストン コンサルティング グループ(BCG)のコンサルタントたちが、日本企業の経営にインパクトを与える論点を選び、
これから何が起こるのか、どのような備えが必要なのかを提言するのが本書です。

昨年末に刊行した「経営の論点2018」と比較すると、ほぼすべての論点で「デジタル」がキーワードになっていることが大きな違いとして見て取れます。

ここ数年、AI、IoT、ブロックチェーンなど、デジタルにかかわるバズワードがいくつも登場しましたが、
「それらが何か」を理解する段階は過ぎ去ったようです。
少子高齢化、人手不足など、社会問題の解決にもデジタルが活用されるようになり、いよいよ本格的な実用フェーズに入ったことを痛感させられます。

1年経つと大きく風景が変化するデジタルの世界。「少し先の未来」に思いを馳せながら、
2019年のビジネスについて考える材料にしていただければと思います。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中