ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「パウロ研究の新しい視点」再考

  • 「パウロ研究の新しい視点」再考

「パウロ研究の新しい視点」再考

  • コーネリス・P・ベネマ/著 安黒務/訳 安黒 務
    1954年、兵庫県出身。関西学院大学、関西聖書学院、東京基督教大学共立基督教研究所。日本福音教会(JEC)の西宮福音教会・岬福音教会・堺福音教会東京チャペル等の奉仕を経て、現在一宮チャペル牧師、日本福音主義神学会西部部会理事(2004‐2017年)・『福音主義神学』編集委員(2007‐2017年)・編集長(2014‐2017年)、「日本福音主義神学会」公式ホームページ編集管理者(2010年より)を務めるかたわら、インターネットを通しての継続神学研究機関である『一宮基督教研究所(略称:ICI)』を主宰

  • ISBN
    978-4-264-03961-7
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,430

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ニューパースペクティブとは?16世紀の宗教改革以来の伝統的なパウロ理解に異議を唱える「新しい視点」の著者たちの主張を紹介・検討し、聖書が語る「行いによらず信仰のみによって義と認められること」の真の意味を探る。
目次
第1章 導入
第2章 パウロ研究に関する宗教改革の視点(「義認」:神の受け容れの司法的宣言
「恵みのみによって」:価なしの義認の基盤
「信仰のみによって」:義認の手段
宗教改革の視点の鍵となる特徴)
第3章 パウロ研究の「新しい視点」(第二神殿期ユダヤ教についての新しい見解:E.P.サンダース
「律法の行い」の新しい見解:ジェームズ・D.G.ダン
「義認」についての新しい見解:N・T・ライト)
第4章 新しい視点に対する批判的評価(サンダースの業績の過大視
パウロ書簡における「律法の行い」
パウロにおける「神の儀」
「義認」の本質
「代理」・「転嫁」・「信仰」
行いに基づく「最終的義認」)
第5章 結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:GETTING THE GOSPEL RIGHT
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「パウロ研究の新しい視点」再考
  • 「パウロ研究の新しい視点」再考

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中