ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 文体のポリティクス ウォルター・ペイターの闘争とその戦略

  • 文体のポリティクス ウォルター・ペイターの闘争とその戦略

文体のポリティクス ウォルター・ペイターの闘争とその戦略

  • 野末紀之/著 野末 紀之
    1958年生まれ。京都大学文学部英文科卒、同大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了。2011年、博士(文学)。岡山大学教養部助手、講師、大阪市立大学講師、助教授などを経て、同大学院文学研究科教授。専門は十九世紀後半のイギリス文化・文学、表象文化論

  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-8460-1661-6
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 代表作『ルネサンス』刊行後、ペイターは保守派からさまざまな批判を受け、それに呼応するかのように独自の文体観を展開し先鋭化していく。文体とそれに直結する問題をめぐるペイターの闘争とその戦略を明らかにする。
目次
序論
第1章 闘争の場―保守派による批判
第2章 大学内部からの戯画と批判
第3章 ペイターの闘争と戦略
第4章 「結語」から『享楽主義者マリウス』へ―文体の戦略
第5章 「家のなかの子」(一八七八)―社会的自己像の修正
第6章 共感、論理、自制―後期ペイターにおける「男性性」の再規定
第7章 文体家の変貌
第8章 「エメラルド・アスウォート」(一八九二)―「非国民」の問い
補遺1 「文体論」再考―闘争の深層
補遺2 「ジョルジョーネ派」の批評言語

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 文体のポリティクス ウォルター・ペイターの闘争とその戦略
  • 文体のポリティクス ウォルター・ペイターの闘争とその戦略

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中