ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 明治思想史 近代国家の創設から個の覚醒まで 増補

  • 明治思想史 近代国家の創設から個の覚醒まで 増補

明治思想史 近代国家の創設から個の覚醒まで 増補

  • 松本三之介/著 松本 三之介
    1926年茨城県に生まれる。1948年東京大学法学部卒業。現在、東京大学名誉教授

  • ISBN
    978-4-7531-0348-5
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,700 (税込:3,996

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治150年に贈る本格的な明治思想通史。明治の近代国家創設とその政治的価値優位のなかで、私的な個はどのように析出され自立したか?増補した補論「夏目漱石の個人主義―思想の構造と特質」は、これまで主として文学論の視点から論じられてきた漱石について、「私の個人主義」、「現代日本の開化」などの分析から、大正思想へ通底する夏目漱石の思想的な特質を考察した注目すべき論考。
目次
維新前夜の思想
「乱世的の革命」
新しい国家構想を求めて
啓蒙的知識人の課題
自由民権の思想
憲法制定の思想像
教育勅語をめぐる思想の相克
平民主義・国粋主義・国民主義
「天下国家」から「生活」への視座の転換
思想としての日清戦争
労働運動と国民国家
初期社会主義の行動と思想
自我の鼓動
苦悩する個―藤村操の投身自殺
明治の終焉―乃木将軍の殉死
夏目漱石の個人主義―思想の構造と特質

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
版数 増補
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 明治思想史 近代国家の創設から個の覚醒まで 増補
  • 明治思想史 近代国家の創設から個の覚醒まで 増補

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中