ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人工知能の経済学 暮らし・働き方・社会はどう変わるのか

  • 人工知能の経済学 暮らし・働き方・社会はどう変わるのか

ポイント倍率

人工知能の経済学 暮らし・働き方・社会はどう変わるのか

  • 馬奈木俊介/編著 馬奈木 俊介
    1975年生まれ。九州大学大学院工学研究科修士課程修了。米国ロードアイランド大学大学院博士課程修了(Ph.D.(経済学博士))。サウスカロライナ州立大学、横浜国立大学、東北大学などを経て、九州大学主幹教授・都市研究センター長。九州大学大学院工学研究院都市システム工学講座教授。東京大学客員教授、経済産業研究所ファカルティフェロー、地球環境戦略研究機関フェローを兼任。学術誌Economics of Disasters and Climate Change編集長、IPCC代表執筆者、IPBES統括代表執筆者、国連「新国富報告書2018」代表。専門:都市工学、経済学

  • ISBN
    978-4-623-08325-1
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ITC、自動運転、ドローン…AIによる革新は日本をどう変えるか。効果と問題についての具体的な検証。
目次
人工知能は私たちの社会・経済にどのような影響を与えるのか?
第1部 AIの企業での活用とその課題(人工知能等が雇用に与える影響と社会政策
なぜ多くの企業がAIを経営に活用できないのか
持続可能なスマートシティ実装)
第2部 AIに関する法的課題(AIの法規整をめぐる基本的な考え方
人工知能ビジネスの資金調達と法規制―クラウドファンディングを中心に
ドローンと法―損害賠償の観点から考える)
第3部 AIの普及がもたらす影響(誰が自動運転車を購入するのか
自動運転による自動車走行距離の変化
情報技術の利用とマークアップの分析
人工知能社会における失業と格差の経済理論)
第4部 AI技術開発の課題(労働時間が生活満足度に及ぼす影響―人工知能の活用方策に関する検討
日本企業のIT化は進んだのか―AI導入へのインプリケーション
情報化投資と法規制の影響―労働規制による資本投資および情報化投資への影響の分析
人工知能技術の研究開発戦略―特許分析による研究)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 人工知能の経済学 暮らし・働き方・社会はどう変わるのか
  • 人工知能の経済学 暮らし・働き方・社会はどう変わるのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中