ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア 政治思想と大衆文化

  • 日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア 政治思想と大衆文化

日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア 政治思想と大衆文化

  • シリーズ名
    学習院大学東洋文化研究叢書
  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-326-60314-5
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 歴史のなかに流れ続ける伏流水をさぐる旅。大政奉還から戊辰戦争に端を発する日本の近代が選ばなかった道、その所在をたどりなおす。
  • ※発売日が変更になりました
    1月上旬→2月中旬
目次
日本近代における“国家意識”形成の諸問題
第1部 維新・開化と“国家意識”(“死”をめぐる“国家意識”―勝者と敗者とさらに忘れられた者たち
近代武士道がうまれるとき―新渡戸稲造以前
加藤弘之の「立憲的族父統治」論と「脱亜」―明治20年代のナショナリズム論の中から)
第2部 大衆文化と“国家意識”(猫と高等遊民―夏目漱石が構想した日・英・中“文学公共圏”
出版界の「異端児」と東アジア―戦前昭和における理想郷としての「上海」
脱亜入欧する身体―女子教育における社交ダンスの受容
「子ども」という自画像―水の江瀧子からみる1930年代の国家意識
統制の映画配給―戦時下日本におけるメディア・インフラストラクチャーの再構築
不良の統治技術における国家意識形成
太平洋戦争期の日本のボクシングにみる国家意識)
歴史の伏流水

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

歴史のなかに流れ続ける伏流水をさぐる旅。大政奉還から戊辰戦争に端を発する日本の近代が選ばなかった道、その所在をたどりなおす。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア 政治思想と大衆文化
  • 日本近代における〈国家意識〉形成の諸問題とアジア 政治思想と大衆文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中