ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会運動 季刊 No.432(2018・10) ヘイトスピーチは止められる 差別のない社会をつくろう

  • 社会運動 季刊 No.432(2018・10) ヘイトスピーチは止められる 差別のない社会をつくろう

社会運動 季刊 No.432(2018・10) ヘイトスピーチは止められる 差別のない社会をつくろう

  • 巻の書名
    ヘイトスピーチは止められる 差別のない社会をつくろう
  • ISBN
    978-4-7752-0114-5
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
1 ヘイトスピーチは、なぜ繰り返されるのか(FOR READERS 地方議会選挙に進出する人種差別政党
来年の統一地方選に出馬するヘイト政党、日本第一党の正体
日本人は植民地とどう向き合ってきたのか
排外主義がはびこる社会で「対話」を促す)
2 ヘイトクライムの現場から(京都朝鮮学校襲撃事件と裁判がもたらしたもの
ヘイトデモの標的になった川崎の多文化共生地区、桜本の闘い
朝鮮学校の生徒と歩む、共生社会への道
「ニュース女子」に見るヘイトクライム
あれから―「ニュース女子」の放送後
ネット社会とヘイトスピーチ
全国初の大阪ヘイトスピーチ対処条例は差別発言にどこまで対応できているのか
ヘイトに利用される選挙 葛飾区議会からの報告
札幌市に「人種差別撤廃条例」をつくろう)
3 差別を止めるための道筋(社会を破壊する差別を食い止める
ヘイトスピーチ解消法の施行から2年 問題点をみつめ、新たな法律を
日本の差別禁止の取り組みは不十分
ドイツにおけるヘイトスピーチ・ヘイトクライム規制とデモクラシーの活性化)
連載

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会運動 季刊 No.432(2018・10) ヘイトスピーチは止められる 差別のない社会をつくろう
  • 社会運動 季刊 No.432(2018・10) ヘイトスピーチは止められる 差別のない社会をつくろう

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中