ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 実践英会話 正しく伝えるための技術と表現

  • 実践英会話 正しく伝えるための技術と表現

実践英会話 正しく伝えるための技術と表現

  • 上田麻鈴/著 Gary I.Anderson/英文校閲 上田 麻鈴
    カリフォルニア州立大学で学士、神戸女学院大学大学院にて通訳翻訳分野で修士号を取得。バイリンガル・セクレタリーを経て、現在、ビジネス英語、同時通訳、TOEIC、TOEFL等の講師、通訳者、翻訳者、英語教材著者を務める。大学、語学学校、企業等で豊富なクラス経験。TOEIC990点、英検1級取得

    Anderson,Gary I.(Anderson,Gary I.)
    カリフォルニア大学バークレー校にて学士号、カリフォルニア州立大学大学院およびスタンフォード大学大学院にてそれぞれ修士号を取得。1972年より約30冊の大学教材をはじめ多数の論文の校閲および編集顧問を手掛ける

  • シリーズ名
    CD BOOK
  • ISBN
    978-4-86064-560-1
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「なんとか通じる」英語から「正しく・的確に通じる」英語へ。こなれた表現・失礼のない丁寧表現を使いこなしたい人にお勧めの一冊。
目次
1 習った文法だけど、ネイティブは会話の中でどう使っているの?(現在完了形―なぜ過去の話なのに「現在」完了形なの?
受動態―日本語の受身の感覚で使うと変? ほか)
2 そろそろ解消したい「なんとか通じる」から「正しく通じる」会話へ(“very”or“too”?―強調したい時は両方使える?
“most”or“almost”―どちらも「ほとんど」だけど? ほか)
3 こなれたフレーズを使いたい!(時を表す前置詞―at,on,in,for,during,by,until
場所を表す前置詞―at,on,in,across,along,behind,etc. ほか)
4 「説明力」を高めよう(原因や理由を語る because以外にもこんなにあった
結果や結論を語る 硬くない言い方が表現できる? ほか)
5 ネイティブとのより良いコミュニケーションのために(失礼のない丁寧表現―そっけない返事、していませんか?
ネイティブに正確に伝わる時制の使い方―まちがえると違う意味に…? ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 実践英会話 正しく伝えるための技術と表現
  • 実践英会話 正しく伝えるための技術と表現

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中