ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これからの日本の論点 日経大予測2019
  • これからの日本の論点 日経大予測2019

  • これからの日本の論点 日経大予測2019
  • これからの日本の論点 日経大予測2019

これからの日本の論点 日経大予測2019

  • 巻の書名
    これからの日本の論点
  • ページ数
    314p
  • ISBN
    978-4-532-21928-4
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本の明日を左右する重大問題について日経の編集委員・コメンテーターが大胆予測。
    マクロ経済、企業動向、政治、国際情勢…それぞれの専門分野で、深く丁寧に将来を見通します!

    日経の編集委員・コメンテーターだから書ける!
    日本の明日を左右する重大テーマを一気読み!

    ・新内閣が発足。安倍一強はどこまで続くか?
    ・2019年10月、いよいよ消費増税! そのとき日本経済は?
    ・米国vs中国、世界経済を揺るがす貿易摩擦のゆくえは?
    ・審判下される「トランプの2年」。暴走は続くのか?
    ・習近平帝国はどこまで勢力を拡大するか?
    ・日本の安全保障の行方は?
    ・迫るブレグジット、ユーロ改革、難民問題……揺れるEUはどうなる?
    ・スタートアップ最前線。第2のメルカリはいるのか?
    ・拡大するアマゾン経済圏。テクノロジーで変わる消費、小売り・流通のこれから
    ・AI・テクノロジーが変える経営、その未来像は?
    ・働き方改革の関連法施行へ。実現へのハードルは?
    ・日銀「ステルス緩和」がめざすものは?
    ほか
    日経の編集委員だから書ける!
    日本の明日を左右する重大テーマを一気読み!

    ・新内閣が発足。安倍一強はどこまで続くか?(9月の総裁選を受けて)
    ・2019年10月、いよいよ消費増税! そのとき日本経済は?
    ・米国vs中国、世界経済を揺るがす貿易摩擦のゆくえは?
    ・審判下される「トランプの2年」。米国は変質するのか?
    ・一帯一路、中国製造2025……習金平帝国はどこまで勢力を拡大するか?
    ・微妙なバランスの北朝鮮情勢。安全保障の行方は?
    ・迫るブレグジット、ユーロ改革、難民問題……揺れるEUはどうなる?
    ・スタートアップ最前線。第2のメルカリはここだ!
    ・拡大するアマゾン経済圏。テクノロジーで変わる消費、小売り・流通のこれから
    ・いよいよ5Gがスタート。関連ビジネスはどう広がるか?
    ・働き方改革の関連法施行へ。実現へのハードルは?
    ・実用段階に入ったAI・RPA。成否を分けるものは?
    ・第2次黒田日銀の政策は? 利上げはあるのか?
    ほか(「近刊情報」より)
目次
1 経済・金融のこれから(消費税率10%へ引き上げ、景気落ち込み回避策が焦点に
「ステルス緩和縮小」で緩和長期化に備え
働き方改革関連法の実効性は? ほか)
2 産業・企業はこれからどうなる(日本企業は“心地よい停滞”から脱却できるか
日本企業は成長持続の正念場。問われる競争力
データ経済にどう向き合うか ほか)
3 政治・国際情勢・世界経済はこれからどうなる(「安倍1強」に立ちはだかる参院選の壁
米中、覇権戦争の火ぶた、日本に「踏み絵」
トランプ流、迷走か暴走か~中間選挙後の2年、「米国第一」に試練 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中