ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 奴隷 小説・女工哀史 1

  • 奴隷 小説・女工哀史 1

ポイント倍率

奴隷 小説・女工哀史 1

  • シリーズ名
    岩波文庫 33-135-2
  • ISBN
    978-4-00-331352-7
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,260 (税込:1,361

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 丹後ちりめんの里と大阪を舞台とする『女工哀史』著者の自伝的小説。両親を失い、機屋の奉公人として働き始めた少年は、近代化の歯車が労働者を呑み込む中を生きる。少年の目に映る故郷の美しくも酷い情景、志の行く末は?『工場』と二部作。
  • ※発売日が変更になりました
    10月16日→10月19日

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

『女工哀史』著者は,力ある小説家でもあった! 28歳の没後刊行された『奴隷』『工場』は,丹後ちりめんの里と大阪を舞台とする自伝的連作小説.幼くして両親を失い,機屋の奉公人として働き始めた少年は,近代化の歯車が高速で回り,労働者たちを呑み込む中を生きる.少年の目に映る故郷の美しくも酷い情景,志の行く末とは?(解説=松本満)

ページの先頭へ

閉じる

  • 奴隷 小説・女工哀史 1
  • 奴隷 小説・女工哀史 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中