ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生きられる死 米国ホスピスの実践とそこに埋め込まれた死生観の民族誌

  • 生きられる死 米国ホスピスの実践とそこに埋め込まれた死生観の民族誌

生きられる死 米国ホスピスの実践とそこに埋め込まれた死生観の民族誌

  • 服部洋一/著 服部洋一遺稿刊行委員会/編 服部 洋一
    1974年広島生まれ。東京大学大学院総合文化研究科(超域文化科学専攻文化人類学コース)博士課程単位修得満期退学。社会福祉士、文化人類学者。米国および日本における終末期医療やホスピスプログラムのフィールドワークを通じた医療福祉領域を専門に研究とその実践に携わった。日本学術振興会特別研究員(PD)、東京大学21世紀COE特任研究員、東日本国際大学福祉環境学部講師を経て、2008年より静岡県がんセンター研究員兼ソーシャルワーカーとしてがん患者やその家族の支援に従事。2009年4月より地方公務員(静岡県地方公務員医療社会福祉職)への採用が内定したが、3月27日に心不全(致死性不整脈)により急逝した。享年36

  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-88303-467-3
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文化人類学は、「我われ自身の死」について何を語ることができるのか?現代社会の死生観研究のフィールドを米国のホスピスケアの現場に見いだし、「その人らしい死」はいかに生成されるのか、本書はその理論的枠組みを提出した意欲作であり、自身も医療ソーシャルワーカーとして患者・家族・医療者と向き合いつつ紡ぎあげられた。がんと共に生きることがより身近になった今こそ読みたい一冊。
目次
第1部 「我われの死」の文化人類学を求めて(本書の前提と問題意識)
第2部 米国ホスピスにおけるフィールドワーク(米国におけるホスピス運動―フィールドワークの前提
米国ホスピスの素顔
医療用麻薬の活用―薬に埋め込まれた死生観
第5章 教育という解決―ホスピスケアにおける教えと学び)
第3部 実践の特性―死はいかに扱われるか(ホスピスが看るものと見ないもの
終末期ケアが構築する時間
終末期の文脈を形作る力 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 生きられる死 米国ホスピスの実践とそこに埋め込まれた死生観の民族誌
  • 生きられる死 米国ホスピスの実践とそこに埋め込まれた死生観の民族誌

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中