ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 性そのもの ヒトゲノムの中の男性と女性の探求

  • 性そのもの ヒトゲノムの中の男性と女性の探求

性そのもの ヒトゲノムの中の男性と女性の探求

  • サラ・S・リチャードソン/著 渡部麻衣子/訳 リチャードソン,サラ・S.(Richardson,Sarah S.)
    スタンフォード大学現代思想・文学専攻で博士号を取得。専門は科学史・科学哲学。生命科学における人種とジェンダー及び、科学知の社会的側面を研究対象としている。現在、ハーバード大学科学史学科及び、女性・ジェンダー・セクシュアリティ専攻教授

    渡部 麻衣子
    国殿基督教大学卒業。英国ウォウイック大学大学院博士課程修了。博士(社会学)。現在、東京大学大学院情報学環客員研究員、北里大学医学部客員研究員、法政大学現代福祉学科非常勤講師。専門は科学技術社会論

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1084
  • ISBN
    978-4-588-01084-2
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,600 (税込:5,060

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ポストゲノム時代のジェンダー批判的遺伝学。今日、ヒトのXY染色体のゲノム配列を手にした遺伝学者たちは、男性らしさや女性らしさの要素「性そのもの(sex itself)」を探索し始めている。文化的なジェンダー規範が性に関する遺伝学的理論に与えてきた影響や誤謬を明らかにし、科学的実践と論理におけるジェンダーの働きの多面性の分析を可能にする理論的アプローチ「科学におけるジェンダーのモデル化」を提唱する。
目次
第1章 性そのもの
第2章 奇妙な染色体
第3章 XとYはいかにして性染色体になったか
第4章 性の新しい分子科学
第5章 男らしさの染色体
第6章 Xの性化
第7章 性決定遺伝子の探索
第8章 男性を救え!
第9章 男性と女性は、ヒトとチンパンジーのように異なっているのか?
第10章 ジェンダーとヒトゲノム

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 性そのもの ヒトゲノムの中の男性と女性の探求
  • 性そのもの ヒトゲノムの中の男性と女性の探求

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中