ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 四苦八苦の哲学 生老病死を考える

拡大

  • 四苦八苦の哲学 生老病死を考える

四苦八苦の哲学 生老病死を考える

  • ページ数
    290p
  • ISBN
    978-4-7949-7055-8
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人生は思いのままにならないことばかり。世の中は苦に満ちている。あーあ、いやんなっちゃった、どうしよう…こうした気持ちと、人はどう折り合いをつけていったらいいのだろう?プラトン、ハイデガーから、フーコー、ボーヴォワール、レヴィナス、バタイユまで、さまざまな哲学者たちのことばを補助線にしながら、仏教で言うところの「四苦八苦」について考える、哲学の自習帖。まず手始めは「生老病死」の四つの苦から。
目次
はじめに 四苦八苦について
第1章 死について(死から考える
プラトン『パイドン』を読みながら ほか)
第2章 病いについて(「調子悪くてあたりまえ」
ソンタグと考える ほか)
第3章 老いについて(キケローとともに
ボーヴォワールを読む)
第4章 生について(ハイデガー『存在と時間』を読みながら
九鬼周造の「時間論」を読む ほか)
おわりに まだ考えなければいけない

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 四苦八苦の哲学 生老病死を考える

拡大

  • 四苦八苦の哲学 生老病死を考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中