ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 市町村社会福祉行政のアドミニストレーション 三浦理論・大橋理論から新たな展開へ

  • 市町村社会福祉行政のアドミニストレーション 三浦理論・大橋理論から新たな展開へ

市町村社会福祉行政のアドミニストレーション 三浦理論・大橋理論から新たな展開へ

  • 森明人/著 森 明人
    宮城県仙台市出身。東北福祉大学卒業、東北福祉大学大学院修了後、青森中央短期大学並びに東日本社会福祉専門学校勤務を経て、2008年に東北福祉大学の専任講師として着任、現在、東北福祉大学准教授。博士(社会福祉学)

  • ISBN
    978-4-8058-5751-9
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,400

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地域主権化時代の市町村を基盤にした福祉行政の枠組みづくりに向けて、包括的な社会福祉行政が可能になるアドミニストレーションの機能と枠組みを理論モデルとして提起する。
    三浦・大橋理論を再構築し、新たな社会福祉行政のアドミニストレーションの視座を提示する。
目次
序章 地域主権化・規制緩和時代の「市町村社会福祉行政のアドミニストレーション」
第1章 ソーシャルアドミニストレーション研究の学説史的検討
第2章 ソーシャルアドミニストレーションの方法論―政策社会学・福祉社会学の論議を中心に
第3章 地方自治体を基盤にした社会福祉行政のアドミニストレーションの展開
第4章 「市町村社会福祉行政のアドミニストレーション」の機能と枠組みの検討
第5章 地域共生社会時代の市町村社会福祉行政のアドミニストレーション課題
終章 ソーシャルアドミニストレーション研究と社会福祉学研究の課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 市町村社会福祉行政のアドミニストレーション 三浦理論・大橋理論から新たな展開へ
  • 市町村社会福祉行政のアドミニストレーション 三浦理論・大橋理論から新たな展開へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中