ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 築地──鮭屋の小僧が見たこと聞いたこと

  • 築地──鮭屋の小僧が見たこと聞いたこと

築地──鮭屋の小僧が見たこと聞いたこと

  • 佐藤友美子/著 佐藤 友美子
    1960年、東京生まれ。フリーライターをしていた20代後半のとき、誘われて師走の築地へ。そこで見た鮭屋の親父の鮮やかな包丁さばきに魅かれて、ほんのひととき手伝いをする。親父の急逝を受けて、あれよあれよと鮭屋に深入り、いささか年くった「鮭屋の小僧」となる。それから30年、築地市場の歴史に興味をもち、さまざまな人の話を聞くことに。2013年には前の店主から鮭屋を引き継ぎ、経営者として悪戦苦闘の毎日を送っている

  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-900963-79-5
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 師走の築地見物からなんの因果か、築地の鮭屋で働くことに。小僧デビューから30年、河岸の作法、市場の成り立ち、痛快なやりとり交えてお教えします!!

    「楽しみは、年末築地に行って魚を買うこと」
    心誘われる言葉にぶらり師走の築地へ。そこで見た鮭屋の親父の鮮やかな包丁さばきに魅かれて、ほんのひととき手伝いをする。
    ところが親父の急逝を受けて、あれよあれよと鮭屋に深入り、いささか年くった「鮭屋の小僧」となる。
    それから30年、築地市場の歴史に興味をもち、場外で店を営む老舗の大旦那や市場開場時を知る明治生まれの方など、さまざまな人の話を聞くことに。
    本書はそんな経緯で築地で働くことになった「鮭屋の小僧」=通称しゃけこさんの日々の生活と、築地の賑やかな様子を、河岸ならではの痛快なやりとりとともにお伝えするノンフィクションである。
目次
第1章 築地の鮭屋に出かけて
第2章 商人と職人のまち
第3章 築地市場・四季の魚たち
第4章 鮭は人と人をつなぐ
第5章 築地場外に歴史あり
第6章 築地市場の語り部たち
第7章 鮭屋を継ぐ!

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 築地──鮭屋の小僧が見たこと聞いたこと
  • 築地──鮭屋の小僧が見たこと聞いたこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中