ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊文春トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側

  • 週刊文春トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側

週刊文春トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側

  • 大下英治/著 大下 英治
    1944年6月7日、広島県に生まれる。1968年3月、広島大学文学部仏文科卒業。1970年、『週刊文春』の記者となる。記者時代『小説電通』(徳間文庫)を発表し、作家としてデビュー。1983年、『週刊文春』を離れ、作家として政財官界から芸能、犯罪、社会問題まで幅広いジャンルで創作活動をつづけている

  • シリーズ名
    イースト新書 107
  • ページ数
    428p
  • ISBN
    978-4-7816-5107-1
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

972 (税込:1,050

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「トップ屋」とは、各週刊誌で“巻頭記事”を執筆するフリーのジャーナリストやライターのこと。
    大下英治は週刊文春の「トップ屋」として数々のスクープを生み出してきた。
    “昭和の怪物たち”の裏の顔に鋭く迫る。
    (「近刊情報」より)
  • ※発売日が変更になりました
    10月9日→10月10日
目次
特別対談 「なぜ文春は、スクープを連発できるのか」週刊文春前編集長 新谷学氏×大下英治
第1章 トップ屋魂
第2章 「なぜだ!?」三越・岡田社長解任劇!
第3章 巨像
第4章 芸能者の闇
第5章 タブーへの挑戦

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「トップ屋」とは、各週刊誌で“巻頭記事”を執筆するフリーのジャーナリストやライターのことで、昭和三〇年代の週刊誌創刊ブームのころから、そう呼ばれていた。大下は、昭和四〇年代から五〇年代にかけて『週刊文春』のトップ屋として多くのスクープを生み出した。本書は、政財界から芸能、闇社会に蠢く“昭和の怪物たち”の裏の顔に鋭く迫った男が、その舞台裏を描いた大作ノンフィクションである。社会に激震を与えたスクープはいかにして生み出されたのか?脈々と受け継がれる「文春砲」の秘密がここにある。

ページの先頭へ

閉じる

  • 週刊文春トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側
  • 週刊文春トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中