ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 働く女性に贈る27通の手紙
  • 働く女性に贈る27通の手紙
  • 働く女性に贈る27通の手紙

  • 働く女性に贈る27通の手紙
  • 働く女性に贈る27通の手紙
  • 働く女性に贈る27通の手紙

働く女性に贈る27通の手紙

  • 小手鞠るい/著 望月衿子/著 小手鞠 るい
    1956年岡山県生まれ。アメリカ、ニューヨーク州在住。1981年「詩とメルヘン」賞、1993年「海燕」新人文学賞、2005年『欲しいのはあなただけ』で島清恋愛文学賞、2009年絵本『ルウとリンデン旅とおるすばん』(絵/北見葉胡)でボローニャ国際児童図書賞を受賞

    望月 衿子
    1978年生まれ。出版社で雑誌編集を経て、独立。女性誌を中心に編集に携わった後、男女問わず、生き方や働き方をテーマに取材執筆する。ライフエッセイや実用書のブックライティング実績多数。日頃のノンフィクション系執筆は「望月衿子」とは別名で活動中

  • ISBN
    978-4-86311-198-1
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 結婚、独身、産む、産まない、都会暮らし、地方暮らし…。会社勤めを経てフリーになったライターとアメリカに住む小説家が、「女の人生と仕事」についての迷いや問いと率直に向き合った1年にわたる往復書簡。
目次
春の章 少女期、思春期、青春期を振り返る―「働く」「自立」が未知の時代(三月の往復書簡/働く女性へのあこがれ
四月の往復書簡/恋が仕事に与えた何か
五月の往復書簡/あなたは何になりたい?)
夏の章 就職してから四十代まで―挑戦の時代(六月の往復書簡/階段を昇ることへの抵抗
七月の往復書簡/夫と私、どちらが偉い?
八月の往復書簡/子どもを持つ選択、持たない選択)
秋の章 四十代から六十代まで―経験を手に入れる時代(九月の往復書簡/フリーランスと会社勤め
十月の往復書簡/生活の場所、仕事の場所
十一月の往復書簡/人づきあいと社会生活)
冬の章 六十代から天寿を全うするまで―四季を振り返るご褒美の時代(十二月の往復書簡/遅咲きの楽しみ
一月の往復書簡/心と体のセルフメンテナンス
二月の往復書簡/家族や自身の老いと仕事のゴール)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

島清恋愛文学賞受賞作家と、気鋭のフリーライターが
「女の人生と仕事」についていま一番伝えたいこと。

会社勤めを経てフリーになったライターと、現在はアメリカ在住、出版社勤務経験のある小説家・小手鞠るいが、自らの経験を赤裸々に綴りながら、「女の人生と仕事」について一年間手紙を交わした。計27通にもなった手紙は、仕事に行き詰った時、漠然とした不安を抱えている時など、きっとあなたを励ましてくれるはず。すべての働く女性に贈る一冊。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中