ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ジェネラリストとしての心理臨床家 クライエントと大切な事実をどう分かち合うか

  • ジェネラリストとしての心理臨床家 クライエントと大切な事実をどう分かち合うか

ジェネラリストとしての心理臨床家 クライエントと大切な事実をどう分かち合うか

  • 村瀬嘉代子/著 村瀬 嘉代子
    1959年奈良女子大学文学部心理学科卒業。1959‐1965年家庭裁判所調査官(補)。1962‐1963年カリフォルニア大学大学院バークレイ校留学。1965年大正大学カウンセリング研究所講師、1984年より同助教授。1987‐2008年同教授。1993‐2008年大正大学人間学部並びに大学院人間福祉学科臨床心理学専攻教授。2008年より、北翔大学大学院人間福祉学研究科教授、大正大学名誉教授(2009年より、同大学客員教授)

  • ページ数
    247p
  • ISBN
    978-4-7724-1637-5
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人の自尊心を大切にしつつも、その生き方にかかわる心理臨床とは、人の内面、時に秘匿性に触れざるを得ないこともある。さらに近年はさまざまな要因が輻輳して生じている困難な心理的問題が多く、生物・心理・社会モデルを基本にしたアプローチが求められる。本書は、現実原則に基づいた支援者としての自覚と責任、社会の変容を受けて全体状況と焦点を同時に的確に捉えて支援するための理論や技法の適用の仕方、バランス感覚ある心理支援者の姿勢について解りやすく述べている。巻末には“付”として、ついに実現した国家資格としての「公認心理師法の成立の経緯と今後の課題」についての論考を収録した。
目次
はじめに 理論を超える現実―ジェネラリストとしての臨床家
臨床心理学を学ぶとはどういうことか
心理療法の基本と統合的心理療法
心理的援助と生活を支える視点
心理臨床における判断
心理療法と支援―回復する力の在り処としての子ども時代
心理アセスメントが治療・支援に役立つために
子どもの心理療法のこれから―現実生活と理論や技法を繋ぐ
聴くという営み
見えること・聞こえること・コミュニケーション〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人の自尊心を大切にしつつも、その生き方にかかわる心理臨床とは、人の内面、時に秘匿性に触れざるを得ないこともある。さらに近年はさまざまな要因が輻輳して生じている困難な心理的問題が多く、生物・心理・社会モデルを基本にしたアプローチが求められる。
本書は、現実原則に基づいた支援者としての自覚と責任、社会の変容を受けて全体状況と焦点を同時に的確に捉えて支援するための理論や技法の適用の仕方、バランス感覚ある心理支援者の姿勢について解りやすく述べている。
巻末には【付】として、ついに実現した国家資格としての「公認心理師法の成立の経緯と今後の課題」についての論考を収録した。

ページの先頭へ

閉じる

  • ジェネラリストとしての心理臨床家 クライエントと大切な事実をどう分かち合うか
  • ジェネラリストとしての心理臨床家 クライエントと大切な事実をどう分かち合うか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中