ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高齢者の心理臨床 老いゆくこころへのコミットメント

  • 高齢者の心理臨床 老いゆくこころへのコミットメント

高齢者の心理臨床 老いゆくこころへのコミットメント

  • 北山純/著 北山 純
    1975年生まれ。2014年、上智大学大学院総合人間科学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得満期退学。上智大学心理学科リサーチアシスタント、東神奈川クリニック臨床心理士などを経て、現在、学習院大学学生センター学生相談室専任相談員、桜ヶ丘神経内科クリニック非常勤臨床心理士、文教大学非常勤講師。博士(心理学)。臨床心理士。専門は臨床心理学

  • シリーズ名
    箱庭療法学モノグラフ 第9巻
  • ISBN
    978-4-422-11479-8
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、精神科デイケアにおける高齢者の心理的援助の実践を基軸として、高齢者の心理臨床について考察したものである。
    心理臨床家が高齢者と関わる際、良い面だけに目を向けるのでも、ペシミスティックになるのでもなく、老いの複雑なありよう全体に率直に目を向け、そこにとどまり高齢者と共に過ごそうと試みることは、高齢者の心理臨床に何らかの意味があるのではないか。
    その点について、著者の臨床実践をもとに検討してゆく。
目次
第1章 序論―本研究の問題と目的
第2章 高齢者に対する心理療法・心理的アプローチに関するこれまでの実践・研究
第3章 本研究における精神科デイケアの概要
第4章 デイケアのプログラム
第5章 臨床心理士によるファシリテーション
第6章 事例1:神経症的な葛藤を抱えながら生きる高齢者
第7章 事例2:老いへの不安と神経症性不眠を主訴とする高齢者
第8章 総合考察

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

精神科デイケアで、「老い」に寄りそう。

本書は、精神科デイケアにおける高齢者の心理的援助の実践を基軸として、高齢者の心理臨床について考察したものである。心理臨床家が高齢者と関わる際、良い面だけに目を向けるのでも、不必要にペシミスティックになるのでもなく、老いの複雑なありよう全体に率直に目を向け、そこにとどまり、高齢者と共に過ごそうと試みることは、高齢者の心理臨床に何らかの意味はあるのではないか。その点について、筆者自身の臨床実践をもとに検討してゆく。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高齢者の心理臨床 老いゆくこころへのコミットメント
  • 高齢者の心理臨床 老いゆくこころへのコミットメント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中