ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか
  • 劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか

  • 劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか
  • 劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか

ポイント倍率

劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか

  • 山口周/著 山口 周
    1970年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成、キャリア開発。著書に『グーグルに勝つ広告モデル』(岡本一郎名義)など。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞を受賞

  • シリーズ名
    光文社新書 967
  • ISBN
    978-4-334-04373-5
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ビジネス書大賞2018準大賞受賞作『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』の著者による、日本社会の閉塞感を打ち破るための画期的な論考!

    年長者が尊重され、大事にされる社会やコミュニティであればこそ、若者も中年もまた、将来は社会やコミュニティが尊重し、大事にしてくれると感じ、安心して働いて税金を収めていたのではないでしょうか。
    私たちの社会システムは、基本的にすべてこのような、年長者ほど能力も見識も高く、
    であるがゆえに地位も報酬もまた高い、という前提の上に成り立っています。
    しかし、すでに考察してきたように、この「年長者ほど能力も見識も高い」という前提は、おそらく今後は成立し得ない。:年長者だからといって、別に能力や見識に優れているわけではない、
    むしろ若者の方が優れているのではないかと多くの人が考えるようになれば、
    現在の社会システムとは大きな齟齬が生まれることになります。(本文より)
目次
はじめに―本書におけるオッサンの定義
第1章 なぜオッサンは劣化したのか―失われた「大きなモノガタリ」
第2章 劣化は必然
第3章 中堅・若手がオッサンに対抗する武器
第4章 実は優しくない日本企業―人生100年時代を幸福に生きるために
第5章 なぜ年長者は敬われるようになったのか
第6章 サーバントリーダーシップ―「支配型リーダーシップ」からの脱却
第7章 学び続ける上で重要なのは「経験の質」
第8章 セカンドステージでの挑戦と失敗の重要性
最終章 本書のまとめ

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中