ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 反転と残余 〈社会の他者〉としての社会学者

  • 反転と残余 〈社会の他者〉としての社会学者

反転と残余 〈社会の他者〉としての社会学者

  • 奥村隆/著 奥村 隆
    関西学院大学社会学部教授。1961年徳島県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。東京大学文学部助手、千葉大学文学部講師、同助教授、立教大学社会学部教授を経て、2017年4月より現職。専攻は、コミュニケーションの社会学、文化の社会学、社会学理論

  • ISBN
    978-4-335-55196-3
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,860

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 社会学者の仕事とは何か?学問上の出会いがもたらした、社会学が描く豊穣な知の世界。ロバート・ベラー、作田啓一、見田宗介、吉田民人、大村英昭、井上俊。戦後社会学に大きな足跡を残した社会学者の学問と思想に向き合い、社会とは何か、社会学とは何かを考察する。
目次
知識人としてのロバート・ベラー―「日本」と「軸」についての試論(共同体の外に立つ人―ロバート・ベラーとの出会い
日本・ファシズム・非軸的なもの―「丸山眞男の比較ファシズム論」から ほか)
反転と残余―ふたつの「自我の社会学」におけるふたつのラディカリズム(まなざしのオブセッション―「恥と羞恥」と「まなざしの地獄」
自己革命のモノグラフ―『ルソー』と『宮沢賢治』 ほか)
いけにえ・憐憫・赦し―作田啓一と「戦後」(原罪といけにえ―BC級戦犯のケースから
いけにえと憐憫―ドストエフスキー・ルソー・ローティ ほか)
別れの文化―吉田民人・大村英昭・井上俊における「死の社会学」(絶対所与性と相対所与性―吉田民人における「人間解放」と「幸福」
はかなさ・鎮め・ダンディズム―大村英昭における「もう一つの精神史」 ほか)

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

社会学者の仕事とは何か? 学問上の出会いがもたらした、社会学が描く豊穣な知の世界。

ページの先頭へ

閉じる

  • 反転と残余 〈社会の他者〉としての社会学者
  • 反転と残余 〈社会の他者〉としての社会学者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中