ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 赤の歴史文化図鑑

  • 赤の歴史文化図鑑

赤の歴史文化図鑑

  • ミシェル・パストゥロー/著 蔵持不三也/訳 城谷民世/訳 パストゥロー,ミシェル(Pastoureau,Michel)
    1947年パリ生まれ。国立古文書学校卒。フランス国立図書館メダイユ部門主任をつとめたのち、国立高等実習研究院、ついで国立高等社会科学研究院主任教授、フランス紋章・印章学会会長などを歴任した。著書『われわれの記憶の色』(2010年)でメディシス賞(評論部門)受賞

    蔵持 不三也
    1946年栃木県今市市(現日光市)生まれ。早稲田大学第1文学部仏文専攻卒、パリ第4大学(ソルボンヌ大学)修士課程修了(比較文化専攻)、社会科学高等研究院博士課程修了(民族学専攻)。早稲田大学人間科学学術院教授やモンペリエ大学客員教授をへて現在早稲田大学名誉教授

    城谷 民世
    北海道室蘭市生まれ。早稲田大学人間科学部人間健康科学卒、パリ第7大学前期博士課程(政治社会学専攻)修了、エクス=アン=プロヴァンス大学政治学院後期博士課程修了。博士(社会学)

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-562-05601-9
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,400

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 120におよぶ豊富な図版とともに、芸術作品に使われている色についてはもちろん、染料や画材や染色の技術、その染料の原産地との関係、日常生活における色彩、キリスト教の影響など歴史を追って考察したヨーロッパの色彩の社会・文化史!
  • ※発売日が変更になりました
    9月27日→9月26日
目次
原初の色(始原から古代末期まで)(最初の色彩
火と血 ほか)
好まれる色(6‐14世紀)(教父たちの赤4色
キリストの血 ほか)
異議を申し立てられた色(14‐17世紀)(地獄の業火に焼かれて
赤毛の男ユダ ほか)
危険な色?(18‐21世紀)(赤の周縁―ローズ
美顔料と社交界の慣例 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24×24cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

赤は、ヨーロッパにおいて人々が塗料としても染料としても最初に扱うことを覚えた色である。
物質、社会、芸術、夢想、象徴、どの観点から見ても、長いあいだ「きわだって」もっとも豊かな色でありつづけた。
豊富な図版に支えられた本書は、ヨーロッパの色彩の社会・文化史のシリーズの1冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 赤の歴史文化図鑑
  • 赤の歴史文化図鑑

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中