ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 黄泉の王は愛をささやく

  • 黄泉の王は愛をささやく

黄泉の王は愛をささやく

  • エリザベス・ホイト/著 緒川久美子/訳 ホイト,エリザベス(Hoyt,Elizabeth)
    イリノイ州中部に、夫と二人の子供と犬とともに暮らす。USAトゥディ紙のヒストリカル・ロマンス・ベストセラー作家。ジュリア・ハーパー名義でコンテンポラリー・ロマンスも執筆。米国最大のロマンス・レビューサイト「All About Romance」において2006年度の最優秀新人作家賞を受賞し、デビュー作『あなたという仮面の下は』(“The Raven Prince”)はMost Luscious Love Storyに選ばれたほか、ロマンティック・タイムズ誌のレビュワーズチョイス賞を受賞

  • シリーズ名
    ライムブックス ホ1-19
  • ページ数
    426p
  • ISBN
    978-4-562-06515-8
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

960 (税込:1,037

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 秘密結社“混沌の王”に拉致されてしまったアイリス。友人のカイル公爵に恨みを持つ結社が、彼の花嫁だと誤解してさらったのだ。人ちがいだと訴えても、彼らがやすやすと解放するはずがない。もめていたところ、結社の一員でオオカミのマスクを被った男が彼女をもらい受けると言って隠れ家から連れだした。彼を信用できないアイリスは、乗せられた馬車にあった拳銃の引き金を必死の思いで引く。肩を負傷し倒れた男のマスクを外すと、かつて舞踏会で会ったダイモア公爵だと判明した。公爵は捜査のために結社に潜入していたという。そして“混沌の王”の追っ手を振り切るためには、自分と結婚するしかないと彼女に迫るのだが、突然のことにアイリスは…。“メイデン通り”シリーズ、ついに完結!

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

まちがえられて秘密結社に拉致されたアイリス。人違いだと訴えても解放されず、あわや命をうばわれそうになったところを救出してくれたのは、舞踏会で一度会ったことのあるダイモア公爵だった。
彼はアイリスを救いたい、そして〈混沌の王〉の追っ手を振り切るためには、自分と結婚するしかないと言う。
こうして彼女は、ダイモアにかくまわれて暮らすことになるのだが……。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 黄泉の王は愛をささやく
  • 黄泉の王は愛をささやく

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中