ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 公認心理師のための発達障害入門

  • 公認心理師のための発達障害入門

公認心理師のための発達障害入門

  • 黒田美保/著 黒田 美保
    名古屋学芸大学ヒューマンケア学部教授/東京大学大学院教育学研究科、浜松医科大学、福島大学、昭和大学客員教授。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。博士(医学)・博士(学術)。臨床心理士・臨床発達心理士。東京都大田区公務員、よこはま発達クリニックを経て、2005年~2006年ロータリー財団奨学金によりノースカロライナ大学医学部TEACCH部門に留学。帰国後、2007年より国立精神・神経医療研究センター研究員、福島大学特任教授などを経て、2016年4月より現職

  • ページ数
    131p
  • ISBN
    978-4-7608-2420-5
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 公認心理師必携。最低限これだけは押さえておきたい!発達障害のポイントを解説。
目次
第1章 公認心理師として押さえておきたい発達障害の知識(発達障害とはなにか?
発達障害の種類と概要―自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症、限局性学習症、発達性協調運動症 ほか)
第2章 公認心理師として知っておきたい発達障害のアセスメント(アセスメントとは?
発達障害に特化した検査1―ASDのアセスメント ほか)
第3章 公認心理師として実施できる支援方法(発達障害のある人をどう支援していくか
発達障害の支援方法)
第4章 事例で考えるアセスメントと支援方法(保健センターで働く公認心理師だったら―乳幼児健康診査での発達のチェックやそのフォローアップを担当する場合
小学校で巡回相談心理士をしているとしたら―子どもと直接面接することはないが、行動観察をし、担任教員や保護者に学校や家庭でのより良い対応をアドバイスする場合 ほか)
さらに詳しく学びたい人のための発達障害関連ブックガイド

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

障害の概念、関係法令からアセスメント、支援方法まで、公認心理師として最低限これだけは押さえておきたい、発達障害のポイントを解説。

ページの先頭へ

閉じる

  • 公認心理師のための発達障害入門
  • 公認心理師のための発達障害入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中