ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヒマラヤに学校をつくる カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦
  • ヒマラヤに学校をつくる カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦

  • ヒマラヤに学校をつくる カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦
  • ヒマラヤに学校をつくる カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦

ヒマラヤに学校をつくる カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦

  • 吉岡大祐/著 吉岡 大祐
    1976年愛媛県生まれ。その後鍼灸師の免許を得て、渡米しようとするが、22歳のとき“とりあえず”ネパールに渡る。現地の大学に入学後、余暇を利用して貧しい人たちを相手に無料で治療をおこない、王族の治療なども経験。その後、現地での小学校建設をこころざす。さまざまな困難に直面しながらも、3年間の活動を経て、2004年「クラーク記念ヒマラヤ小学校」を開校。現在は学校運営のかたわら、各地で講演などもおこなう。「21世紀若者賞」(社会貢献支援財団)「人間力大賞・準グランプリ」(日本青年会議所)受賞

  • ISBN
    978-4-8451-1554-9
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもたちに教育を!人身売買、児童労働、カースト差別…貧困のネパールで、ゼロから学校づくりに挑んだ著者の涙と感動の20年の軌跡。

    【貧しいけれど きっとここは 世界一幸せな学校】

    トウガラシを体にすりこんで暖をとり、生活のために我が子を売る。
    22歳でネパールに渡った著者は、そんな究極の貧困を目の当たりにして衝撃を受ける。

    貧困から抜け出すには教育しかない。その支援をしたい。
    けれど、自分は教育者でもなければ、社会に出た経験もない。そんな自分に何ができるのか……。
    悩み、もがきがらも貧困家庭の就学支援をスタートさせ、
    幾多の困難に直面しながらも、2004年「クラーク記念ヒマラヤ小学校」を開校。
    その後もネパール大地震や病気(ガン)などに見舞われながらも、
    これまで現在200人までに卒業生を送りだしている。

    想いさえあれば、人はどこまでも行ける。
    ゼロから学校づくりに挑んだ著者の、涙と感動の20年の軌跡。
目次
第1章 旅立ち
第2章 混沌と貧困
第3章 子どもたちに教育を
第4章 学校をつくりたい
第5章 学びが始まる
第6章 運営の危機
第7章 自立へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中