ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 信長君主論 マキャベリで読み解く戦国武将の虚実
  • 信長君主論 マキャベリで読み解く戦国武将の虚実

  • 信長君主論 マキャベリで読み解く戦国武将の虚実
  • 信長君主論 マキャベリで読み解く戦国武将の虚実

信長君主論 マキャベリで読み解く戦国武将の虚実

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-86581-165-0
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 善悪を超えて躍動する信長と戦国の武将たち!戦乱の世を生きる人間の赤裸々な野望と本性をマキャベリで解き明かす!

    信長の本音・本質を鋭く衝く新しい戦国史!
    本書は、日本史で一番人気の織田信長の本音と歴史の虚実に迫る。『君主論』のマキャベリと信長は、近い時代を生きている。信長が生まれたのは1534年、マキャベリはその7年前に58歳で生涯を閉じている。
    登場人物は信長を主として、明智光秀、豊臣秀吉、千利休、今川義元、武田信玄、斎藤道三、徳川家康、浅井長政、松永久秀など。本文中、頻繁に引用使用されるマキャベリの言葉は、実に的を射ている。戦国の人間の本質をついており、他に類のない面白さである。
    (「近刊情報」より)

    是非に及ばず――。
    明智光秀の裏切りを知った織田信長が最後に発した謎の言葉。
    マキャベリ曰く、「人間は恐怖心からも、また憎しみからも危害を加えることがある」
    「理想論に走り、人がいきている実態を見落とす者は自滅する」……。
  • ※発売日が変更になりました
    9月4日→9月7日
目次
序章 是非に及ばず
第1章 聖・信長―古戦場や城址に漂う愛憎の残り香と神々の黄昏
第2章 俗・欲・カネ―楽市楽座・南蛮交易・茶道の裏側
第3章 戦国百物語―合戦の真実と君主の条件
第4章 裏切られ信長―浅井長政・松永久秀らの叛旗の実相
第5章 世界史への野望―秀吉へと受け継がれた天竺への道
終章 本能寺の変―「是非に及ばず」の結論
おわりに 過去から現在、そして未来との対話へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中