ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • こうして店は潰れた: 地域土着スーパー「やまと」の教訓
  • こうして店は潰れた: 地域土着スーパー「やまと」の教訓

  • こうして店は潰れた: 地域土着スーパー「やまと」の教訓
  • こうして店は潰れた: 地域土着スーパー「やまと」の教訓

こうして店は潰れた: 地域土着スーパー「やまと」の教訓

  • 小林久/著 小林 久
    株式会社やまと元代表取締役社長。1962年生まれ。山梨県韮崎市出身。1912年(大正元年)創業の「スーパーやまと」の三代目として育ち、大学を卒業後、「いちやまマート」に入社。青果担当で修業した後、家業である(株)やまとへ入社。39歳で代表取締役社長に就任すると、経営改善に着手。赤字経営をV字回復させた。民生分野では県の教育委員長も務め、学校等で講演会は300回を超える。2017年12月に破産を申請。翌年3月、甲府地裁にて破産宣告を受けた

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-7855-0539-4
  • 発売日
    2018年08月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地域の人々の暮らしを支えるために、移動スーパーもやった、頼まれればシャッター街へも出店した。“やまとマン”の愛称で愛されてきた山梨県韮崎市地域土着スーパー「やまと」の自己破産までのドキュメンタリー。

    2017年12月6日早朝、倒産劇は一本の電話から始まった。
    「やまとが今日倒産するという話が市場で出ている!本当なのか?」
    「社長、今日納品予定の商品が入ってきません!」
    「社長、魚屋からも納品がありません!」「米問屋が売場から商品を引き揚げています!」

    “地域土着”を信条に、地域の人々の暮らしを支えるために
    移動スーパーを走らせ、頼まれればシャッター街へも出店した。
    住民から熱烈に愛され、最盛期には16店舗、64億を売り上げた
    スーパーやまとは、なぜ倒産しなければならなかったのか?

    三代目で元社長の著者による、“倒産ドキュメンタリー”。
    当事者だけが語ることのできる生きた「教訓」が、そこにある。
目次
第1章 年末商戦師走某日、やまと突然の撃沈!
第2章 三代目の若造社長、復活をかけ改革断行
第3章 誰かが喜ぶなら、迷わず即断即行
第4章 頼まれたら、選挙以外は断らない
第5章 夢の街への出店で、見えたもの学んだこと
第6章 正義の味方やまとマン、教育委員長になる
第7章 やまと航海、終わりの始まり
第8章 生かされている身の上、感謝と恩返しで生きる

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中