ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 維新と敗戦 学びなおし近代日本思想史

  • 維新と敗戦 学びなおし近代日本思想史

維新と敗戦 学びなおし近代日本思想史

  • 先崎彰容/著 先崎 彰容
    1975年、東京生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東北大学大学院文学研究科日本思想史博士課程修了。政府給費留学生として、フランス、社会科学高等研究院に学ぶ(専攻:国際日本学)。専門は日本思想史。現在、日本大学危機管理学部教授

  • ページ数
    311p
  • ISBN
    978-4-7949-7053-4
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これから先、日本はどうなるのか?どのような国のかたちが皆の幸せになるのか?経済成長だけ追い求めていていいのか?日本人らしさとは何か?天皇制とは?福澤諭吉から保田與重郎、丸山眞男、橋川文三、網野善彦まで、23人の思想家が、自分の喫緊の問題として悩んだ、近代化と戦争、維新と敗戦を軸に、日本の150年を振り返る。思想家の悩みは普遍であり、危機の時代の私たちのロールモデルなのだ。
目次
1(ナショナリズム=デモクラシーの時代―福澤諭吉
自由をもとめて自由を殺さないために―中江兆民
ゆれ動く感受性と明治日本―高山樗牛
批評家とは何者か―北村透谷
百年前の「時代閉塞の現状」―石川啄木 ほか)
2(『日本』を組み立てる―明治と現在、百五十年をめぐる旅
現代日本に、大転換はおきるか―近代・反近代・明治日本
ナショナリズムとパトリオティズムは別物か
水戸学の誘惑―會澤正志齋『新論』を読む
美と政治のあいだ―小林秀雄の登場 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

これから先、日本はどうなるのか?
どのような国のかたちが皆の幸せになるのか?
経済成長だけ追い求めていていいのか?
日本人らしさとは何か?
天皇制とは?
福澤諭吉から保田與重郎、丸山眞男、橋川文三、網野善彦まで、23人の思想家が、自分の喫緊の問題として悩んだ、近代化と戦争、維新と敗戦を軸に、日本の150年を振り返る。思想家の悩みは普遍であり、危機の時代の私たちのロールモデルなのだ。

ページの先頭へ

閉じる

  • 維新と敗戦 学びなおし近代日本思想史
  • 維新と敗戦 学びなおし近代日本思想史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中