ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会制御過程の社会学

  • 社会制御過程の社会学

社会制御過程の社会学

  • 舩橋晴俊/著 舩橋 晴俊
    1948‐2014。法政大学名誉教授。社会学理論、環境社会学、社会計画論

  • ISBN
    978-4-7989-1454-1
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

9,600 (税込:10,560

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 社会問題をめぐる理論と実践に向き合い、生涯をかけた知的営為の集大成。―現代社会を生きるわれわれに向けられた舩橋社会学の遺功。舩橋晴俊教授は、日本を代表する社会学者として、新幹線公害や水俣病など個別の環境・社会問題に取り組み、晩年は東日本大震災の発生に伴う原子力政策や放射性廃棄物問題など複合的な社会問題の解決に理論・実践の両面から注力してきた。しかし、同氏の研究業績を体系的に纏めた集大成としての大著が完成間近という時に急逝。研究者である遺族と弟子たちが力を結集させ、今、遂に完成となった。最期まで社会と向き合い奮闘した、研究者としての生き様と情熱をまざまざと感じさせられる、まさに不滅の功績である。
目次
「社会制御過程の社会学」の課題と方法
第1部 単位的な社会制御過程(協働連関の二重の意味での両義性
沼津市における分別収集の導入―経営システムにおける変革過程
名古屋市における新幹線公害問題―支配システムにおける被支配問題の解決 ほか)
第2部 複合的な社会制御過程(制御システムの4水準と社会制御システムの特性
フランスの新幹線公害対策と公益調査制度―支配システムの文脈で社会制御システムが事業システムに課す枠組み条件の効果
再生可能エネルギー普及政策の日独比較―経営システムの文脈で社会制御システムが事業システムに課す枠組み条件の効果 ほか)
第3部 東日本大震災と社会制御過程の社会学(遺稿)(災害型の環境破壊を防ぐ社会制御の探究―東日本大震災は日本社会に対する自己批判的解明を要請している
持続可能性をめぐる制御不能性と制御可能性
原子力政策は何を判断基準とすべきか―政策転換に必要なパラダイム転換とは ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会制御過程の社会学
  • 社会制御過程の社会学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中