ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係 北アメリカのゲストワーカー政策史

  • ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係 北アメリカのゲストワーカー政策史

ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係 北アメリカのゲストワーカー政策史

  • ページ数
    244,111p
  • ISBN
    978-4-7791-2482-2
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アメリカとメキシコ、国境を接した二国間で1942~64年にかけて実施されていた「ブラセロ・プログラム」。ブラセロと呼ばれたメキシコ人労働者の送出と受け入れ、そして非合法移民対策はどのようになされてきたのか。現代アメリカの「移民問題」の起源を精査する。
目次
序章 米国の移民政策史、米墨関係史とメキシコ人ゲストワーカー
第1章 ブラセロ・プログラムの前史
第2章 第二次世界大戦期のブラセロ・プログラムをめぐる米墨間交渉―テキサスへのブラセロ導入禁止を中心に(一九四二‐四五年)
第3章 非合法移民問題とブラセロ・プログラム(一九四六‐四八年)
第4章 エル・パソ事件と戦後期ブラセロ・プログラムの成立―ブラセロ・プログラムの中断と再開をめぐる米墨政府間交渉(一九四八‐四九年)
第5章 ブラセロ・プログラムの安定化と非合法移民対策(一九四九‐五五年)
第6章 ブラセロ・プログラムと非合法移民問題への米墨労働組合の対応(一九四六‐六四年)
第7章 ブラセロ・プログラムの終焉と米国型ゲストワーカー政策の成立(一九五六‐六四年)
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

1942~64年にかけて約20年間実施されていた
「ブラセロ・プログラム」。

この制度のもと、長期滞在を前提とした「移民」に対して、
限られた期間内での就労を認められた
メキシコ人労働者「ブラセロ」は
米国内の労働力として受け入れられた。

労働力不足解消のための外国人労働者を受け入れたいが、
かれらが自国の労働者の脅威となるのも回避したい
アメリカ。

かたや、失業問題を調整する安全弁として労働者を
送り出したいが、自国の人材流出とメキシコ人の待遇に
懸念をいだくメキシコ。

労働者の権利保障の先例ともなった内容とともに、
その背景となる二国間の利害にも着目。
「外国人実習生制度」やトランプ政権下の非合法移民問題にも
通じる制度の変遷を概観する。

ページの先頭へ

閉じる

  • ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係 北アメリカのゲストワーカー政策史
  • ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係 北アメリカのゲストワーカー政策史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中