ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 事例研究の考え方と戦略 心理臨床実践の省察的アプローチ

  • 事例研究の考え方と戦略 心理臨床実践の省察的アプローチ

事例研究の考え方と戦略 心理臨床実践の省察的アプローチ

  • 山本力/著 山本 力
    博士(心理学)。臨床心理士。現在、就実大学大学院教育学研究科教授・岡山大学名誉教授

  • ISBN
    978-4-422-11683-9
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 40年にわたる臨床経験に裏打ちされた実践知の数々。公認心理師の誕生と多職種連携が求められる新たな時代、改めて「臨床事例に基づいた研究」のあり方を問いかける。著者自らの臨床経験との対話から生まれた実践的工夫が散りばめられた、対人援助職のための事例研究法の書。
目次
序章 事例研究法の新しい流れ
第1章 「事例」の概念再考
第2章 事例研究の発展と批判
第3章 省察的な事例研究法
第4章 事例研究の戦略と意義
第5章 倫理の「関所」への対処
第6章 臨床記録を書き記す
第7章 論文執筆のプロセス
第8章 事例検討会(カンファレンスを含む)の心得
終章 まとめと若干の裏話

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

事例研究とは何か、なぜその事例を取り上げるのか、どの視点から事例を捉えればよいのか、クライエントの許可をどのように考えるのか……。
事例研究を進める上でぶつかる疑問や個人情報の問題、臨床記録の書き方、執筆を進める上でのポイントなど、著名学会誌編集委員も務めた著者が、40年にわたる自らの臨床経験を振り返りながら、事例研究の意義と方法について思索を深め、自らの実践知と戦略的アプローチに言葉を与える試み。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 事例研究の考え方と戦略 心理臨床実践の省察的アプローチ
  • 事例研究の考え方と戦略 心理臨床実践の省察的アプローチ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中