ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近親性交とそのタブー 文化人類学と自然人類学のあらたな地平

  • 近親性交とそのタブー 文化人類学と自然人類学のあらたな地平

近親性交とそのタブー 文化人類学と自然人類学のあらたな地平

  • 川田順造/編 青木健一/〔ほか執筆〕 川田 順造
    1934年東京市生まれ。1965年東京大学社会学大学院博士課程を単位取得退学。1971年パリ第5大学で民族学博士。埼玉大学助教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、国立民族学博物館併任教授、広島市立大学教授、神奈川大学教授を経て、神奈川大学特別招聘教授、同大学日本常民文化研究所客員研究員。日本人類学会(進化人類学分科会、キネシオロジー分科会)、日本文化人類学会で50年あまり研究活動。主著『無文字社会の歴史』(岩波書店、1976年、第8回渋沢敬三賞)レコードアルバム『サバンナの音の世界』(昭和59年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、のち1988年白水社刊のカセットブック版は、2002年小泉文夫音楽賞)『聲』(筑摩書房、1988年、第26回歴程賞)『口頭伝承論』(河出書房新社、1992年、第46回毎日出版文化賞)等。1991年アカデミー・フランセーズよりフランス語圏大勲章、1994年フランス政府より文化功労賞、2001年紫綬褒章、2006年第1回日本文化人類学会賞、2009年文化功労者、2010年瑞宝重光章、ブルキナファソ政府より文化功労賞を受ける

  • ページ数
    242p
  • ISBN
    978-4-86578-185-4
  • 発売日
    2018年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近親性交はなぜタブーか?生物学、霊長類学、文化人類学の研究成果を総合する世界的水準における初の学際的インセスト・タブー論。編者による「新版への序」収録。
目次
問題提起に代えて 性―自己と他者を分け、結ぶもの
1 最先端の自然人類学・文化人類学の知から(「間違い」ではなく「適応」としての近親交配
インセスト回避がもたらす社会関係
インセストとしての婚姻
幻想と現実のはざまのインセスト・タブー―フロイトからレヴィ=ストロースへ)
2 コメント・批判・あらたな問い(インセスト・タブーについてのノート
インセストとその象徴
性と「人間」という論理の彼岸)
3 文芸の深みから(自然過程・禁忌・心の闇
自涜と自殺のあいだ―近親相姦序説)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
版数 新版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

待望の復刊! 人間・社会の深奥へ
生物学、霊長類学、文化人類学の最新の研究成果を総合した、世界水準での初の学際的インセスト・タブー論が、待望の復刊! 人間・社会の深奥へ!
川田順造・青木健一・山極寿一・出口顯・渡辺公三・西田利貞・内堀基光・小馬徹・古橋信孝・高橋睦郎

ページの先頭へ

閉じる

  • 近親性交とそのタブー 文化人類学と自然人類学のあらたな地平
  • 近親性交とそのタブー 文化人類学と自然人類学のあらたな地平

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中