ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ベストセラーを書く技術

  • ベストセラーを書く技術

ベストセラーを書く技術

  • 晴山陽一/著 晴山 陽一
    1950年、東京生まれ。東京教育大学附属駒場高校卒。早稲田大学文学部哲学科でギリシャ哲学を専攻。在学中、日本有数のリコーダー奏者として活躍。禅思想史の世界的権威、柳田聖山博士の指導を受ける。卒業後、教育社(のちのニュートン社)に入社し、英語教材編集、経済雑誌の創刊、多数の書籍刊行、ソフト開発などに従事。1997年に独立し、精力的に執筆を続けている。2017年には晴山書店を設立するとともに、出版プロデューサーとしても活躍中。英語教育界での人脈は日本一と言われている。一般社団法人 実践英語振興協会代表理事

  • ISBN
    978-4-426-12450-2
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「書いて伝える力」があれば、一生負けない!AI時代を生き残るのは「クリエイター」だ!そして創造性の本質は「書くこと」にある!「売れる本」を書きたい人必読のバイブル。本書のメソッドを使えば、誰でも1時間でクリエイターになれる!4つのワークで「自分を本の企画に結びつける方法」がわかる。アイデア出しから執筆後まで、5章構成の超具体的メソッド!時系列なので、書籍を出版する流れがわかりやすい。
目次
第1章 企画以前―人は1時間でクリエイターになれる!(第1のワーク:思いをキャッチする方法
第2のワーク:思いを形にする方法 ほか)
第2章 企画―思いを構造化する!(クリエイターは未来に生きる!
本は構造で書け! ほか)
第3章 執筆以前―ダイヤルを握れ!(9つのダイヤル
100人セミナーから出版塾へ ほか)
第4章 執筆―ダイヤルを回せ!(買われない本は絶対に読まれない!
「これ以上うまくは書けない序文」を書けるか? ほか)
第5章 執筆以後―可能性の探求者になる!(シロウトの文章とプロの文章の違い
可能性の探求者になろう!)
付録 紙の出版と電子出版の違い

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

◆本書「まえがき」より抜粋

日本を「一億総クリエイター」の国に!

近い将来に多くの職業はAIに座を奪われ、ロボットのように働いているサラリーマンはロボットに職を譲らなくてはならなくなる、という説がマスコミや識者の間で喧伝されています。
では、どのような職種、いや、どのような人は生き残れるのかという問いに対し、クリエイターなら生き残れる、さらにはアーティストの仕事はロボットに置き換えられる可能性が低いと唱える人がいます。

本書では、人はいかにすればクリエイターになれるかを、「本を書く」という具体的な行為を通して、詳しく説明したいと思っています。
この本を読めば生き残れるという保証はありませんが、このような世界を垣間見ることは、今どんな仕事についている人でも、これからの人生を組み立てる上で、必ず役に立つと私は確信しています。

私にとって、本を書くということは「ダイヤルを握る」ことに他なりません(そのことを本書を通して詳しく説明していきます)。しかし、多くの人は「ダイヤルを握られた状態」に甘んじています。
実は、世の中の著者のほとんども、「ダイヤルを握られている」ことに気づいていません。これでは、本物のクリエイターとは言えないわけです。
つまり、本を書けば(絵を描けば、楽器を演奏すれば)即クリエイターになれるわけではないのです。なぜなら、クリエイターは生業(なりわい)ではなく「生き方」そのものだからです。

本書を通じて、単に本の書き方を学ぶだけではなく、「クリエイターとして生きる」とはどういうことなのかを知っていただければ幸甚です。
テクニックで本を書くことはできません。しかし、私が教えるノウハウを使って、100人以上の方が著者となっています。
この本に書くノウハウは、すでに何十回となく試し、成果を上げてきたものばかりです。

本書は、次のような願いをかなえるために書きました。

「アイデアがどんどん湧くようになりたい! 」
「本をどんどん書ける人間になりたい! 」
「どうせ書くなら、売れる本を書きたい! 」

ですので、この本自体が売れなければ、そもそも私にはこんな本を書く資格がなかったことになります。本は、面白くなかったら絶対に売れません。

3つの糸をより合わすような気持ちで、私はこの本を書きました。
3つの糸とは、「エピソード」と「ノウハウ」と「ワーク」です。

(1)なるべく具体的かつ臨場感のある「エピソード」をふんだんに盛り込みました。
(2)私が200冊の本を出版し、100人以上の著者を育てる中で編み出した「ノウハウ」をすべてお伝えしようと思います。
(3)さらに、読者がすぐに応用できるように、随所に「ワーク」を設けました。

そもそも面白い本とは、どういう本なのでしょう。
売れる本と売れない本を分ける一線は、どこにあるのでしょう。
さっそくレクチャーを始めることにしましょう。

ページの先頭へ

閉じる

  • ベストセラーを書く技術
  • ベストセラーを書く技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中